> > 「どんぐりマーク」付きの再生複合機 廃棄・リサイクルも含めてCO2排出量ゼロ

「どんぐりマーク」付きの再生複合機 廃棄・リサイクルも含めてCO2排出量ゼロ

 印刷 記事を保存

キヤノンは、複合機において、経済産業省主導の環境制度を初めて導入し、カーボン・オフセットを行うことで、製品ライフサイクル全体のCO2排出量ゼロを実現する。本制度において、CO2排出量ゼロ製品に付与されるエコ版ベルマーク「どんぐり」マーク認定の再生複合機を2014年3月より順次販売していく予定だ。

キヤノンは、2月3日、同省主導の「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット」制度を複合機で初めて導入すると発表した。今回、本制度を導入する製品はキヤノンの再生複合機Refreshedシリーズのうち「iR C3580F-R」など合計6機種。「iR C3580F-R」は独自の再生技術により、新製品と比べ、質量比で約76%の部品の再利用率を達成し、環境負荷の削減に取り組んでいる。

「iR C3580F-R」は、これまでも製造段階までのCO2排出量をオフセットしていたが、今回の制度を導入することで、製品ライフサイクル全体で排出されるCO2排出量をオフセットし、製品の物流やユーザーによる使用、廃棄、リサイクル処理まで含めた、製品ライフサイクルでのCO2排出量ゼロを実現する(ユーザーが使用する紙のCO2排出量は含まず)。

(※全文:1,143文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.