> > 東大、藻類のエネルギー変換のしくみを解明 新たなエネルギー生産技術に貢献

東大、藻類のエネルギー変換のしくみを解明 新たなエネルギー生産技術に貢献

 印刷 記事を保存

東京大学は、藻類の光合成の新しいエネルギー変換装置を解明したと発表した。微細藻類や植物の光合成による物質生産は、クリーンで持続可能な生産技術として非常に注目されている。本研究は微細藻類と植物に共通的な光合成強化の基盤として、重要な技術開発のポイントになる可能性となることが期待される。

発表のポイント

  • 藻類や植物の光合成には、いずれも多数のタンパク質で構成される、「アンテナ装置」と「光化学系」が必要。
  • 光合成を行う藍藻類(シアノバクテリア)で、光化学系Iとアンテナ装置の超複合体の単離に初めて成功し、超複合体の形成に必要なタンパク質を発見した。
  • 今回発見した超複合体を応用することで、光合成反応を促進する新しい光合成生物や光合成生産システムが創出できる可能性や水素生産への利用などが期待できる。

(※全文:1,246文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.