> > 輸送業者のトラックやエコタイヤに補助金 大型などは最大100万円

輸送業者のトラックやエコタイヤに補助金 大型などは最大100万円

記事を保存
輸送業者のトラックやエコタイヤに補助金 大型などは最大100万円

国土交通省は、平成25年度補正予算案において、トラック輸送の省エネ対策の推進(燃料費高騰対策)として、先進環境対応型ディーゼルトラックとエコタイヤの導入に補助金を交付する事業について、現在予定している概要等を公表した。

平成25年度補正予算案は平成25年12月12日に閣議決定された。なお、本補助制度の実施には補正予算案が国会において可決・成立することが前提となる。

予算総額は50.2億円(先進環境対応型ディーゼルトラック:25億円、エコタイヤ:25.2億円)。補助は予算の範囲内で実施する。そのため、平成26年3月31日までに導入したものであっても、予算枠を超過した場合は補助金が交付されない。

補助対象事業者

以下(1)又は(2)のいずれかに該当する者が補助対象事業者になる。

  1. 以下ア~ウに該当する者であって、保有車両5両以上30両以下の者
    ア 一般貨物自動車運送事業者
    イ 特定貨物自動車運送事業者
    ウ 第二種貨物利用運送事業者
  2. 自動車リース事業者(先進環境対応型ディーゼルトラックの導入に限る。)

補助金の申請要件

(1)先進環境対応型ディーゼルトラック
以下01~03の要件を全て満たすものが補助対象になる。

  1. 車両総重量3.5t超の事業用ディーゼルトラックのうち、以下のいずれかの基準を満たす車両を導入すること
    ・「平成27年度重量車燃費基準達成車」かつ「平成21年排出ガス基準適合かつNOx・PM+10%以上低減車」
    ・「平成27年度重量車燃費基準+5%以上達成車」かつ「平成21年排出ガス基準適合車」
  2. 平成25年12月12日から平成26年3月31日までに新車新規登録された車両であること
  3. 01の導入にあたり、以下(ア)~(ウ)のいずれにも該当する事業用トラックとの入れ替えであること
     (ア)平成27年度燃費基準未達成車
     (イ)平成25年12月12日以降に名義変更又は廃車したものであって、廃車又は名義変更した日以前過去1年間以上所有しているもの
     (ウ)導入する先進環境対応型ディーゼルトラックと同区分(大・中・小型)であるもの

(2)エコタイヤ
以下01~03の要件を全て満たすものが補助対象になる。

  1. 平成25年12月12日から平成26年3月31日までに導入されたものであること
  2. 導入したエコタイヤは、全日本トラック協会が定めるものであること
  3. 車両総重量12t超の事業用トラック(新車を除く)の全てのタイヤを、エコタイヤとするものであること

補助額等

  1. 先進環境対応型ディーゼルトラック
    補助率:通常車両価格との差額の1/2以内
    補助額:補助率により区分に応じた補助額となる。(大型100万円、中型70万円、小型40万円)
    補助上限台数:1事業者あたり1台(補助対象事業者が自動車リース事業者の場合は、借り受ける事業者あたり1台)
  2. エコタイヤ
    補助率:導入費用の1/4以内
    補助額:上限額は1台あたり9万円
    (※トラック協会との協調補助により、補助額は1台あたり最大18万円)
    補助上限台数:1事業者あたり3台
補助額の一覧

補助額の一覧

申請手続き等について

補助金の執行団体は、全日本トラック協会になる。補助対象事業者、申請要件、申請手続きの詳細等についは、後日、全日本トラック協会ホームページにおいて公表する。また、貨物自動車運送事業安全性評価事業制度に基づく認定事業所を有する事業者を優先して募集する予定。

【参考】
国土交通省 - 「トラック輸送の省エネ対策の推進」の実施について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.