> > 東芝、屋根を有効活用できるハーフタイプの住宅用太陽電池モジュールを発売

東芝、屋根を有効活用できるハーフタイプの住宅用太陽電池モジュールを発売

記事を保存
東芝、屋根を有効活用できるハーフタイプの住宅用太陽電池モジュールを発売

東芝は「250W太陽電池モジュール」のハーフタイプ「125W太陽電池モジュール」の販売を3月19日より開始する。同太陽電池モジュールの最大モジュール変換効率は19.6%。外形寸法(W×H×D)は799×798×46(mm)で横幅が半分に縮小されている。

「125W太陽電池モジュール」は、従来の「250W太陽電池モジュール(モジュール変換効率20.1%、実験レベルを除く量産レベルの住宅用太陽光発電システムでは世界最高。2014年1月1日時点同社調べ)」に加えて設置でき、切妻屋根や寄棟屋根の余った屋根スペースを有効に利用できる。

新製品は250W太陽電池モジュールに加えて設置が可能だ

新製品は250W太陽電池モジュールに加えて設置が可能だ
(※画像クリックで詳細)

また、反射による光の損失を抑えるため、ガラス表面に「ARコート(反射低減コート)」を採用。セル表面には「反射防止膜」を設け、セルにしっかり太陽の光を取込む。さらに、セルの裏面にある「反射膜」のミラー効果により、光の発電効率を増大させている。

さらに、モジュールの表面にあり太陽光をさえぎる障害となる電極を、すべて裏面に設計する「バックコンタクト(裏面接続)方式」を採用。P型電極とN型電極を交互に配置し、電極が混在する部分の面積を増やすことで電子のやりとりがスムーズになり、高い発電効率を実現する。

なお、今回、高効率タイプの「250W太陽電池モジュール」「125W太陽電池モジュール」を「Sシリーズ」と呼びシリーズ化した。同社の住宅用太陽光発電システムとして、高効率タイプの「Sシリーズ」と低価格タイプの「Vシリーズ」を取りそろえることで、システム構成のバリエーションが広がった。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.