> > 福岡県で水素燃料電池自動車の普及に向けた講演会が開催

福岡県で水素燃料電池自動車の普及に向けた講演会が開催

記事を保存

九州経済産業局と九州経済連合会は、2015年に販売が開始される水素燃料電池自動車と、そのインフラである水素ステーションへの理解を深め、九州での導入促進を目的とした「九州水素・燃料電池フォーラム」を3月4日に開催する。

開催場所は電気ビル共創館(福岡市中央区)。参加費無料。定員120名。参加希望者は事前申込が必要。申込締切は2月27日。同フォーラムのプログラム概要は以下の通り。

【講演1】「水素エネルギー社会に向けた取組み」

九州経済産業局 エネルギー対策課 課長 植木 健一郎氏

【講演2】「燃料電池自動車の普及に向けた取組み」

福岡県 商工部 新産業・技術振興課 主幹 入江 啓之氏

【講演3】「燃料電池自動車へのトヨタの取組み」

トヨタ自動車 技術統括部 主査 広瀬 雄彦氏

【講演4】「水素インフラ整備に向けた取組み」

岩谷産業 水素エネルギー部 シニアマネージャー 梶原 昌高氏

【講演5】「燃料電池自動車導入に向けた水素供給インフラ構築への取組み」

JX日鉱日石エネルギー 研究開発本部 研究開発企画部 部長 廣瀬 正典氏

【講演6】「エア・リキードにおける水素エネルギー事業」

日本エア・リキード アドバンスト・ビジネス事業部 部長 宮脇 一嘉氏

なお、同フォーラムでは、セミナーによる情報提供と出席者間での情報交換を目的にした名刺交換会が実施される。

【参考】
九州経済産業局 - 「九州水素・燃料電池フォーラム」を開催します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.