> > 奈良県・當麻寺にLED照明+無線スイッチ 配線不要で文化財保護

奈良県・當麻寺にLED照明+無線スイッチ 配線不要で文化財保護

 印刷 記事を保存

ローム(京都府京都市)は、當麻寺(奈良県葛城市)において、LED照明用スイッチとして無線通信技術「EnOcean」を活用したスイッチシステムが採用されたと発表した。このEnOceanスイッチシステムが、日本の社寺に採用されたのは初めて。

国宝や重要文化財を多数収蔵される伽藍三堂(本堂、金堂、講堂)の、LED照明用スイッチとして1月中旬に設置を完了し、電源・配線・メンテナンスが不要となり、歴史的にも価値の高い建造物を傷つけない。

EnOcean技術は、運動、圧力、光、温度や振動のわずかな変化から作られたエネルギーを利用するエネルギーハーベスティング技術をベースにしたソリューション。今回採用されたEnOceanスイッチシステムは、ボタンを押したエネルギーを電気に変換して、発生した電気で無線を飛ばし、離れた場所の照明を点灯させるもの。

(※全文:1,130文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.