> > 茨城県で関東最大級のメガソーラー運転開始 隣の「道の駅」に展望台も

茨城県で関東最大級のメガソーラー運転開始 隣の「道の駅」に展望台も

記事を保存
茨城県で関東最大級のメガソーラー運転開始 隣の「道の駅」に展望台も

株式会社レノバ(※旧株式会社リサイクルワン)は、メガソーラー発電所「水郷潮来ソーラー」の運転を開始したと発表した。本事業は、潮来市とミツウロコグリーンエネルギー、芙蓉総合リースとの共同事業。運営は、特定目的会社(SPC)となる水郷潮来ソーラーが実施する。

発電出力は約14.7MW(モジュールベース)、想定される年間発電量は約1,470万キロワット時(一般家庭の約4,000世帯の年間使用電力量に相当)で、すでに運転開始している太陽光発電所としては関東最大級の規模となる。CO2削減量は年間5,500トン程度を見込む。

発電設備は、同市の「道の駅いたこ」に隣接する約18万平方メートルの事業用地に設置されている。この「道の駅」には本発電所が一望できる展望台と、発電量表示モニターが設けられ、一般の訪問者が見学できるようになっている。

「水郷潮来ソーラー」に近接する展望台と、展望台からの眺望

近接する展望台と、展望台からの眺望

なお、同社は今年度中には蓄電池(容量7.2キロワット時)を「道の駅いたこ」に設置して同施設の防災拠点化に寄与する予定であると共に、本事業の収益の一部を「太陽のめぐみ」基金を通じて市内の小中学校に寄付するなど、地域社会に貢献する発電所を目指す。

また、同社は現在、富津市(7月運転開始予定、40MW)、菊川市(来年2月運転開始予定、16.9MW)でもメガソーラー発電所の建設を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.