原発20km圏内の家畜の被ばく量とDNA損傷 共同研究が開始

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

一般社団法人家畜と農地の管理研究会とサウスカロライナ大学は、福島第一原発20km圏内において飼養管理されている牛の被ばく量とDNA損傷の関係を明らかにする共同研究を開始した。

今回の研究は、かつてのチェルノブイリでも今の日本でも、類を見ない放射能汚染の最前線で行われている世界初の研究となる。共同研究の概要については、2月19日(水)に東京大学にて開催されるシンポジウムにて公開される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報