> > 原発20km圏内の家畜の被ばく量とDNA損傷 共同研究が開始

原発20km圏内の家畜の被ばく量とDNA損傷 共同研究が開始

記事を保存
原発20km圏内の家畜の被ばく量とDNA損傷 共同研究が開始

一般社団法人家畜と農地の管理研究会とサウスカロライナ大学は、福島第一原発20km圏内において飼養管理されている牛の被ばく量とDNA損傷の関係を明らかにする共同研究を開始した。

今回の研究は、かつてのチェルノブイリでも今の日本でも、類を見ない放射能汚染の最前線で行われている世界初の研究となる。共同研究の概要については、2月19日(水)に東京大学にて開催されるシンポジウムにて公開される。

チェルノブイリが世界から注目されてきたのと同様に、福島は後世のための重要な研究の場として世界的に注目されている。チェルノブイリ原発事故においても多くの研究が行われたが、低レベル被ばくの影響に関して議論はあるものの、科学的データはない。特に、大きな動物の放射性物質の体内分布、体内動態のデータは福島において世界で初めて得られている。

家畜と農地の管理研究会の正式名称は「東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と農地の管理研究会」。福島第一原発20km圏内の畜産農家12軒、約280頭の牛と研究者と獣医師が復興・再生に向けた活動を行っている。研究者としては、北里大学獣医学部獣医放射線学教室教授(家畜と農地の管理研究会・理事)の夏堀雅宏氏、サウス・カロライナ大学生物学教授でチェルノブイリ&フクシマ学術研究イニシアティブ研究責任者のTimothy Mousseau氏、岩手大学農学部共同獣医学科准教授(家畜と農地の管理研究会・理事/事務局長)の岡田啓司氏が参画する。

同研究会では震災後より現地に足を運び、警戒区域内に残され継続飼育されている牛たちの行動解析、被ばく線量測定、血液採取で得られる遺伝子の変化の解析など、牛たちが人間に与えてくれる貴重な科学的知見を収集し続けており、研究成果については学会や学術誌などでの発表後、オープンにしていく予定。

シンポジウムは「人と動物の共生を支援する会・家畜と農地の管理研究会 2014年合同シンポジウム」として開催する。概要は以下の通り。

タイトル

「福島原発警戒区域内で生き続けている動物とどう向き合うか」
~研究者と獣医師が復興・再生に向けた新しい取り組みと活動~

日時

2014年2月19日(水) 開場12:30 開催13:00~16:00予定

会場

東京大学農学部・フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール
(※聴講は事前申し込みが必要。聴講定員となり次第締め切りとなる)

問合せ先等、詳細は下記リンクを参照。

【参考】
家畜と農地の管理研究会 - 放射性セシウムによる低線量放射線環境下で飼育された牛の被ばくと組織におけるDNA損傷について共同研究を開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.