> > 電動バイクのテラモーターズ、ネパールに進出

電動バイクのテラモーターズ、ネパールに進出

記事を保存
電動バイクのテラモーターズ、ネパールに進出

電動バイクなどの開発・製造・販売を行うテラモーターズ(東京都渋谷区)は、2月10日に、ネパールのカトマンズにおいて、ショールーム一号店をオープンしたと発表した。ガソリン価格の高騰や大気汚染の問題、電気自動車への関税優遇などから、同国において電動バイクのニーズがあると判断した。

ネパールでは電動バイク「SEED60」の販売からスタートし、「A4000i」、電動3輪車、秋にはさらなる新製品を投入し、2014年度中に3,000 台の販売を目指す。

今回のショールームは、現地のディストリビューターであるフェア・オート(ネパール・カトマンズ)と共同で開設した。

本年同社はアジアだけではなく、中南米やアフリカなどの新興市場のディストリビューターとの提携も進め、さらなる海外での事業展開をはかっていく考えだ。

アジアでは原油価格の高騰に伴い、中国での電動バイクの年間販売台数が2,000万台を超えるなど、電動車両への需要が急速に増加している。同社はこのような傾向は二輪市場が成長するネパール、またその他の新興市場においても同様に推移すると予測している。

記者会見時に展示された実機

記者会見時に展示された実機

テラモーターズは、今回のネパール市場進出には、以下5つの背景があると説明する。

1.コストメリット

ネパールの一人当たりGDPが約735ドル(2011/2012年、財務省)だが、内陸国のためガソリン価格は1.26ドル/L(2014/02/11)と高く、日々の支出の多くを占めている。一方で電気料金は約0.07~0.1ドル/kWhと日本の半分以下であるため、電動バイクユーザーにとって大きなコストメリットがある。

2.大気汚染の解消

カトマンズは高山に囲まれる盆地であるため、自動車・バイクの増加に伴う排気ガスが原因で、アジアでも有数の大気汚染が進む都市となっている。電動バイクの普及により、これらの問題を緩和することができる。

3.長距離の走行を必要としない

人口が集中する首都カトマンズは小さな都市で、住民は都市内の移動にスクーターを利用している。一日に10キロも移動できれば事が足りるが、テラモーターズの電動バイク「SEED60」は一充電の走行距離が45キロに達するため、ユーザーに十分な走行距離を提供できる。

4.バイク市場の成長

ネパールの2013年の2輪販売台数は約20万台に達し、近年では毎年2万台のペースで成長している。またここ最近では女性や学生を中心にスクーターの利用者が増加しており、同社のスクーター型を中心としたラインナップが受け入れられやすい市場となっている。

5.電気自動車への関税優遇

ネパールではガソリンバイクの輸入に75%という高関税がかかるため、約1600~1700ドルの価格帯のバイクがボリュームゾーンとなっている。一方、原油高や大気汚染を背景として、ネパール政府は電気自動車の関税を16%に優遇しており、電動バイクの購入にメリットがある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.