> > 電動バイクのテラモーターズ、ネパールに進出

電動バイクのテラモーターズ、ネパールに進出

 印刷 記事を保存

電動バイクなどの開発・製造・販売を行うテラモーターズ(東京都渋谷区)は、2月10日に、ネパールのカトマンズにおいて、ショールーム一号店をオープンしたと発表した。ガソリン価格の高騰や大気汚染の問題、電気自動車への関税優遇などから、同国において電動バイクのニーズがあると判断した。

ネパールでは電動バイク「SEED60」の販売からスタートし、「A4000i」、電動3輪車、秋にはさらなる新製品を投入し、2014年度中に3,000 台の販売を目指す。

今回のショールームは、現地のディストリビューターであるフェア・オート(ネパール・カトマンズ)と共同で開設した。

本年同社はアジアだけではなく、中南米やアフリカなどの新興市場のディストリビューターとの提携も進め、さらなる海外での事業展開をはかっていく考えだ。

アジアでは原油価格の高騰に伴い、中国での電動バイクの年間販売台数が2,000万台を超えるなど、電動車両への需要が急速に増加している。同社はこのような傾向は二輪市場が成長するネパール、またその他の新興市場においても同様に推移すると予測している。

テラモーターズは、今回のネパール市場進出には、以下5つの背景があると説明する。

(※全文:1,119文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.