> > コニカミノルタ、世界最大の照明見本市で最新型有機EL照明パネルを出展

コニカミノルタ、世界最大の照明見本市で最新型有機EL照明パネルを出展

記事を保存

コニカミノルタは、世界最大の照明・建築の見本市「Light + Building 2014」(会期は3月30日から4月4日まで、ドイツ・フランクフルト)に出展することを発表した。

同社が出展するのは、調色機能付、超薄型のフレキシブルタイプ有機EL照明パネルの、試作品を使用したデモンストレーションモデルで、独自の製膜技術を活用したもの。「cradle of light(光のゆりかご)」をコンセプトとする今回の出展モデルの概要は下記の通りとなっている。

「Irodori」(いろどり)

「Irodori」(いろどり)

1.「Irodori」(いろどり)

フレキシブルタイプでは世界初の調色機能を搭載した有機EL照明パネルを孔雀の羽根のように重ね、ゆっくりと回転させ、色の変化による多様な表情を表現。パネルはディスプレイ方式とは異なる層構成を採用し、調色タイプでありながら均一な発光を実現する。


「Ibuki」(いぶき)

「Ibuki」(いぶき)

2.「Ibuki」(いぶき)

わずか70ミクロンの世界最薄有機EL照明パネルを風力で空中に浮かべ、空から舞い降りた1枚の羽毛が、風を受けてゆらめき、舞うさまを表現した。


「Habataki 2.0」(はばたき2.0)

「Habataki 2.0」(はばたき2.0)

3.「Habataki 2.0」(はばたき2.0)

2013年3月の「ライティング・フェア」で展示したHabatakiを進化させ、「cradle of light」という新たな空間構成の中で、より印象的な表現に仕上げた。

4. Ingo Maurer社製 リファレンスモデル

照明デザイナーのインゴ・マウラー氏がプロデュースするブランド「Ingo Maurer」デザインの、同社のフレキシブル有機EL照明パネルのリファレンスモデル。

フランクフルトにおける同見本市では、Frankfurt Fair and Exhibition Centre内の「Halle4.1 Booth H-30」ブースにて出展予定となっている。

同社は、2011年10月の全りん光による有機EL照明パネルの世界初の商品化や、2013年3月開催の「ライティング・フェア」でのフレキシブル有機EL照明の試作品展示など、有機EL照明の開発に取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.