> > ブラジルで建設中の世界第3位の水力発電所に日本製タービン

ブラジルで建設中の世界第3位の水力発電所に日本製タービン

記事を保存

東洋エンジニアリング(TOYO)は、ブラジルにて、関連会社が同国大手エンジニアリング会社とのコンソーシアムで、水力発電所関連業務を受注したと発表した。契約金額は約10億レアル(約4億3千万米ドル相当)。納期は2018年末を予定している。

今回、受注したのは、民間電力会社ノルテ・エネルジアが、北部パラ州アマゾン河支流のシングー川流域に建設しているベロモンテ水力発電所における、タービン(611MW×18基)、水圧鉄管(直径11.6m×全長115m×8本)、及び変電設備等の据付工事と試運転助勢業務。

TOYOのブラジル関連会社のトーヨー・セタール・エンプレエンジメントス(TSE)が、ブラジル大手エンジニアリング会社エンジェビックス・エンジェニアリア及びエンジェビックス・コンストルソエス(Engevix)とのコンソーシアムで受注した。

コンソーシアムリーダーのEngevixは、ブラジル国内で数多くの水力発電所建設の実績を持つ。またTOYOの合弁パートナーであるブラジル大手エンジニアリング会社SOG-オレオ・イ・ガス(SOG)は、南東部ミナスジェライス州イラペ水力発電所の水圧鉄管据付工事を手掛けている。

TSEは現在、ブラジル最大の石油採掘会社ペトロブラス向けに、コンペルジェ石油精製・石油化学コンビナートの水素製造設備やカビウナスのガス処理プラント等のプロジェクトを実施中。ブラジル国内に根差したエンジニアリング会社として、石油・ガス関連設備のみならずインフラ案件についても市場を開拓していく考えだ。

TSEは、2012年5月にTOYOとSOGがそれぞれ50%ずつ出資して設立したブラジル法人TSパーティシパソエス(TSPI)の100%子会社。主に陸上設備に係るEPCを実施する事業会社。TSPIはTOYOの持分法適用会社。

ベロモンテ水力発電所は2011年より建設を開始。発電能力は約11,000MWで、世界第3位となる発電能力を有し経済成長・地域貢献への期待が掛かる一方、その規模の大きさからも水没する地域集落や周辺の環境への影響を懸念する声が上がっている。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.