> > 水素ガス6割混焼可能な高効率ガスタービン発売 NOxも天然ガス焚き並み

水素ガス6割混焼可能な高効率ガスタービン発売 NOxも天然ガス焚き並み

 印刷 記事を保存

川崎重工は、ガスタービンに搭載される同社独自の「追焚き燃焼方式」を利用したドライ・ロー・エミッション(DLE)燃焼器について、体積当たり60%の水素ガス混焼時に、NOx(窒素酸化物)値を天然ガス焚き並みの25ppm(O2=15%換算)以下に抑制する技術を世界で初めて開発した。これより同技術を適用した自社開発の30MW級高効率ガスタービン「L30A」の営業活動を開始し、2015年度に市場投入する予定。

同社は、これまで「パイロットバーナ」「メインバーナ」「追焚きバーナ」の多段バーナ構成によるDLE燃焼器を開発・実用化している。

(※全文:1,145文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.