> > 水に浮く電気自動車が登場! 国内ベンチャーFOMM、洪水が多いアジアを視野に

水に浮く電気自動車が登場! 国内ベンチャーFOMM、洪水が多いアジアを視野に

 印刷 記事を保存

大同工業(石川県加賀市)と日本特殊陶業(愛知県名古屋市)は、ベンチャー企業のFOMM(神奈川県川崎市)とともに、世界最小クラスで4人乗りを実現した超小型電気自動車(EV)「FOMM コンセプトone(フォムコンセプトワン)」を共同開発したと発表した。

カセット式バッテリーを採用し、最大航続距離は約100km(市街地走行モード)。アクセルペダルをなくし、足ではなく全て手を使って操作できる。家庭での非常用電源としても使用可能。また、万が一の水害に備えるため、水に浮き、水面でも移動可能な機能を備える新感覚の超小型EVだ。

(※全文:1,098文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.