> > 「東京マラソン2014」スタッフウェア、植物由来30%のポリエステル素材を採用

「東京マラソン2014」スタッフウェア、植物由来30%のポリエステル素材を採用

 印刷 記事を保存

アシックスと東レは、2月23日(日)に東京都内で開催される「東京マラソン2014」スタッフウエアに、スポーツ衣料分野で初めて植物由来ポリエステル素材を採用したと発表した。

アシックスは、「東京マラソン2014」(主催:一般財団法人東京マラソン財団)におけるサポート活動の一環として、大会当日に、ボランティアや救護スタッフなど「TEAM SMILE(チームスマイル)」が着用するスタッフ用ジャケットとキャップを、それぞれ約12,000点提供する。同社は、これまでの東京マラソンでも、再生ポリエステルなど環境配慮型素材を採用したスタッフウエアを提供するなど、大会運営での環境配慮に貢献していた。

今回、ジャケットに、アシックスと東レの共同取り組みとして、東レの植物由来ポリエステル繊維「エコディア®PET」を使用した。この「エコディア®PET」は、石油由来テレフタル酸とサトウキビなどを原料とする植物由来エチレングリコールを重合・溶融紡糸した植物度約30%のポリエステル繊維。

(※全文:986文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.