> > 太陽熱でマグネシウム電池を還元 ニコンと東北大学が実用化へ向け実験

太陽熱でマグネシウム電池を還元 ニコンと東北大学が実用化へ向け実験

記事を保存

ニコンは、JRグループの鉄道総合技術研究所の旧リニア実験施設(宮崎県日向市)において、太陽熱を利用したマグネシウム還元の実用化に向けた実証実験を、3月から開始すると発表した。

同社は、東北大学名誉教授の小濵泰昭氏が提唱するマグネシウム循環社会構想に賛同し、支援を続けてきた。マグネシウム循環社会構想では、マグネシウム合金をエネルギーキャリア(エネルギー貯蔵媒体)として使用し、使用により変化したマグネシウムの水酸化物や酸化物を太陽熱と還元剤で金属マグネシウムに還元し、添加物によってマグネシウム合金に戻して再利用するもの。

マグネシウム合金をエネルギーキャリアとして活用する方法は、負極にマグネシウム合金、電解液に食塩水を使用する、マグネシウム電池を想定している。マグネシウム電池は、電解液を注入しなければ長期間の保存ができ、また電解液には海水も使用可能。災害時の情報端末や医療機器の電源、一般家庭の防災用品などの用途が期待されている。

同社は2013年の春から小濵氏と共同で、東北大学が同実験施設に所有する直径1.5mの太陽炉(太陽光を大きな放物面鏡などで集光し、高温を得る装置)を用いたマグネシウム還元実験を行ってきたが、今回、新たに直径3mの太陽炉を製作して同実験施設に設置し、同社の技術者を常駐させて、実用化の加速に取り組む。

太陽光の熱エネルギーによって、水酸化物や酸化物などのマグネシウム化合物を金属マグネシウムに還元できることはすでに実証できており、今後はその生産性とコストの課題を克服するために、太陽炉の性能向上を図るとともに、マグネシウム還元反応の高効率化開発を加速させる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.