> > 仏重電大手アルストム、高電圧直流送電に使う遮断器のテスト運用に成功

仏重電大手アルストム、高電圧直流送電に使う遮断器のテスト運用に成功

記事を保存

フランス企業、重電大手のアルストム(パリ)は、高電圧直流遮断器プロトタイプの、高電圧直流送電系統での実際の運用条件を再現した試験運用テストに成功したと発表した。

具体的には、標準的な雷インパルス電圧、10kAを超える過渡電流、さらには連続通電電流や過負荷電流による発熱に対する構造上の耐性確認を行い、開閉過渡電圧160kV、5,200A以上の遮断試験を行った結果、5.5ms以下で送電系統間の電流の遮断及び系統を切り離し、直流遮断器の最大の難問とされた課題をクリアした。電力の長距離輸送に必要とされる高電圧流を使用し、実系統の運用条件下での機器の動作を検証したことで、昨年3月にアルストム大電力試験場で実施した検証試験の有用性を実証する結果となった。

今回のテストは、欧州委員会出資の第7次計画(FP7)プログラム「TWENTIES」の研究プロジェクトの一環として行われたもので、フランス電力公社 送電系統管理部門(RTE)が主導する一連の試験の最終段階に位置づけられており、今後、欧州の電力システムにおける再生エネルギー利用の推進に向けた新技術の開発・実現に大きく貢献すると期待されている。

遮断器は、回路が短絡した際の送電網保護の要として機能する。交流送電網における交流遮断器の動作は、これまでに十分な研究・検証がなされてきたが、直流送電網においては、抜本的な新技術の開発が求められてきた。近年、効率的な長距離送電や、年々増加傾向にある再生可能エネルギーなどから得られる電力の安定的な送電確保のため、直流電流を活用する事業者が増えている。

なお、「アルストム」は、発電、送電、鉄道インフラ分野におけるリーディングカンパニー。「アルストム・グリッド」は、公共施設や電気集約型産業、電力取引事業など送配電網事業を手がけている。「TWENTIES」は、風力発電エネルギーのヨーロッパの電力システムへの導入を実現するための最新技術の開発と運用を目的に、欧州連合が2010年に立ち上げたプロジェクト。「RTE」は、経済的で安全かつクリーンな電力を供給することを目的としたサービス事業者。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.