> > 紫外線を可視光に変換する封止シート 太陽電池の出力を約2%向上

紫外線を可視光に変換する封止シート 太陽電池の出力を約2%向上

 印刷 記事を保存

日東電工(Nitto)は、紫外線を有効利用し太陽電池の効率アップに貢献できる太陽電池用封止シートを開発したと発表した。2014年度下期に販売する予定。

この封止シートを太陽電池モジュールに使用することで、従来発電に寄与していなかった紫外領域の光を95%以上の効率で可視光に変換、発電素子に入射する光を増加させることができ、モジュール出力を2%程度高めることができる。

今回開発したのは、特定の波長の光を高効率で別の波長に変換する新技術「レイクレア」を搭載した太陽電池用封止シート。実用レベルでは世界初となる本技術は、材料である封止シートを変更するだけで、太陽電池の効率アップに貢献するもので、新規設備の導入などは一切不要で、簡単に導入することができる。

同社では太陽電池封止シートとしての販売に加えて、太陽電池封止シート用添加剤としての販売も視野に入れている。両形態における販売目標として、2015年度は10億円、2018年は100億円を掲げる。

本技術の特長をまとめると以下の通り。

(※全文:958文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.