> > 東レ、高性能なRO膜を新開発 30%の省エネ・水コスト低減に貢献

東レ、高性能なRO膜を新開発 30%の省エネ・水コスト低減に貢献

 印刷 記事を保存

東レは、独自の微細構造制御技術を駆使し、高い透水性能と耐久性を併せ持つ「超低圧高耐久性逆浸透(RO)膜」を開発した。RO膜中に細孔(水分子を通しナトリウムイオン等を通さない微細な穴)を形成する技術を深化させ、優れた物質除去性能を維持したまま透水性能を高めたことにより低圧での水処理が可能となり、約30%の省エネを達成した。

また、水処理プラント運転中に原水中の異物等で膜が汚れた際の薬品洗浄に対する耐久性(物質除去性能の維持する特性)が高く、水質が悪く洗浄頻度が高いかん水淡水化や下廃水再利用などの用途において、水処理コスト低減への寄与が期待できる。2014年中の市販を目指し、市場が急速に拡大しつつある中国、インドをはじめとするアジア、欧米などに向け、積極的に展開を図っていく。

(※全文:961文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.