> > 東レ、高性能なRO膜を新開発 30%の省エネ・水コスト低減に貢献

東レ、高性能なRO膜を新開発 30%の省エネ・水コスト低減に貢献

記事を保存

東レは、独自の微細構造制御技術を駆使し、高い透水性能と耐久性を併せ持つ「超低圧高耐久性逆浸透(RO)膜」を開発した。RO膜中に細孔(水分子を通しナトリウムイオン等を通さない微細な穴)を形成する技術を深化させ、優れた物質除去性能を維持したまま透水性能を高めたことにより低圧での水処理が可能となり、約30%の省エネを達成した。

また、水処理プラント運転中に原水中の異物等で膜が汚れた際の薬品洗浄に対する耐久性(物質除去性能の維持する特性)が高く、水質が悪く洗浄頻度が高いかん水淡水化や下廃水再利用などの用途において、水処理コスト低減への寄与が期待できる。2014年中の市販を目指し、市場が急速に拡大しつつある中国、インドをはじめとするアジア、欧米などに向け、積極的に展開を図っていく。

「RO膜」は、世界の水問題(水不足、水質悪化など)を解決しうる技術として世界中の水処理プラントで採用が進んでいるが、高品質の水を得るための物質除去性能、さらに省エネルギーを実現する透水性能の向上が望まれている。また、近年はRO膜の用途拡大により下水など様々な水質の原水を処理する必要が生じており、長期間にわたって高品質な水を安定的に供給するには、膜性能の安定性、特に薬品洗浄による膜性能の劣化を抑制したいという要望が高まってきた。

そこで同社では、これまで培ってきたサブナノメートル(オングストローム=100億分の1m)の精度での細孔径の制御技術をベースに、周囲の環境変化の影響を受けにくくする細孔構造の安定化を図り、2011年に耐久性を大幅に向上させた高耐久性RO膜を開発。今回、高耐久性RO膜の新たな技術展開として、高透水性との両立に取り組み、同製品の開発に成功した。

今回開発した「超低圧高耐久性逆浸透膜」の技術ポイントとしては、「一次構造の制御による細孔構造安定化」と「分子間相互作用の制御による細孔数増大」の2点による細孔構造制御が挙げられる。

同社は、コア技術である有機合成化学、高分子化学、バイオテクノロジー、ナノテクノロジーを融合することで、これまで高ホウ素除去RO膜や低ファウリングRO膜などの高機能膜の開発、製品化を達成している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.