> > ガスエンジンヒートポンプでビルのBCP 非常時以外も4割省エネ

ガスエンジンヒートポンプでビルのBCP 非常時以外も4割省エネ

 印刷 記事を保存

大阪ガスは、兵庫県神戸市の自社ビル(葺合事務所東館)において、非常用発電機を持たない小規模なビルでも、災害等による停電時にも電力供給を継続できる簡易なシステムを導入し、2月より本格的に運用を開始したと発表した。

葺合事務所東館(葺合ビル)は鉄骨造で3階建て。延床面積は2,147.79平方メートル。2013年3月から建築工事に着手し、11月に完了。試運転・調整期間を経て本格運用を開始した。

今回、葺合ビルに導入したのは、災害発生時に必要最低限の事業活動を継続することが可能となる仕組み「BCP-Lite」。また、「BCP-Lite」の他に、省エネ性、快適性を向上させる仕組みを採用し、2カ月間で一般的な業務用ビルと比較し約40%の省エネ効果を得ている。

BCP-Liteは、非常用自家発電機の設置が義務付けられない小規模(3,000平方メートル程度以下)業務用ビルにおいて、自立運転型ガスエンジンヒートポンプ(GHP)を活用して、災害等による停電時にも電力供給を継続するシステムの総称。GHPに加え、電力供給の補助やユーザーの利便性向上を目的として、以下の4つのオプションを選択できる。

(※全文:1,008文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.