> > パナソニック、ひと粒タイプのLED照明に新製品投入 店舗や飲食店向け

パナソニック、ひと粒タイプのLED照明に新製品投入 店舗や飲食店向け

記事を保存
パナソニック、ひと粒タイプのLED照明に新製品投入 店舗や飲食店向け

パナソニックは、ひと粒タイプのLEDで構成した照明「ワンコア(ひと粒)タイプ」シリーズに、新たに集光型LEDを採用することにより、自然な光で狭角・中角の配光を実現したLEDスポットライトと、LEDユニバーサルダウンライトをラインアップする。

60形・100形・150形を3月1日より、200形・250形・350形の高出力タイプを、5月1日より順次発売する。

狭角・中角配光は、個々の展示物などを明るく照らす店舗の空間演出にも適している。同社は、本製品を中心に、飲食店、物販店などの店舗をはじめ、美術館や博物館など空間演出が求められる市場への提案を進めていく。ワンコア(ひと粒)集光タイプシリーズ全体で、2014年度は25万台の販売目標を掲げる。

今回、本シリーズにおいて発売するのは、明るさが60形・100形・150形・200形・250形・350形の5タイプ、色温度が白色、温白色、電球色の3種類で、合計4つ(一部は3つ)の配光タイプから選択できる。LEDスポットライト426品番、LEDユニバーサルダウンライト627品番の合計1,098品番を発売する。

希望小売価格(税抜)はLEDスポットライトが14,800~42,500円、LEDユニバーサルダウンライトが14,800~44,500円。

LEDユニバーサルダウンライト ワンコア(ひと粒)集光タイプ

LEDユニバーサルダウンライト
ワンコア(ひと粒)
集光タイプ

「ワンコア(ひと粒) タイプ」は、発光部をひとつにまとめた集積型LEDを搭載し、多重影のない自然で、ムラのない美しい光を実現したLED照明。同社が2011年7月に業界に先駆けて発売した。これにより明るさや色温度、配光などの仕様面において製品ラインアップを充実させた。

今回は、新たに集光型LEDを採用することにより、配光角度を絞り、30°以下の狭角・中角配光を実現。従来の広角・拡散配光に加え、配光タイプをさらに充実させた。これにより、空間演出の幅が広がり、店舗空間全体をワンコア(ひと粒)タイプの美しい光で演出することを可能とした。

「LEDスポットライト ワンコア(ひと粒) 集光タイプ」は、器具、電源ボックスともに、業界最小クラスのコンパクトサイズを実現。同社従来製品(多粒タイプ)と比較すると約70%小型化できる。従来ハロゲン電球スポットライトとほぼ同等サイズのため、飲食店、物販店などでの店舗リニューアルに対応する。また、「LEDユニバーサルダウンライト ワンコア(ひと粒) 集光タイプ」の150形に、従来製品の埋込穴φ125に加え、同等の明るさで埋込穴φ100のコンパクトサイズを新たにラインアップした。

器具、電源ボックスで業界最小クラスを実現。当社従来製品と比較すると約70%小型化

器具、電源ボックスで業界最小クラスを実現。当社従来製品と比較すると約70%小型化

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.