> > 九大、新材料を用いた青色発光有機EL素子を開発 コストと高効率の両立に道

九大、新材料を用いた青色発光有機EL素子を開発 コストと高効率の両立に道

記事を保存

九州大学は、第三世代の有機EL発光材料と目される熱活性化遅延蛍光材料を利用した、高効率かつ小さなロールオフ特性を示す青色発光有機EL素子の開発に成功したと発表した。

近年、有機ELは高精細ディスプレイや大面積照明などへの応用が期待されている。今回の研究成果により、フルカラー有機ELディスプレイや白色有機EL照明などの普及に向けて、これまでの発光材料では解決できなかった課題を解消し、有機EL発光材料に求められている低材料コストかつ高効率発光の実現が期待される。

有機EL素子に用いられている青色発光材料は、従来、蛍光材料(第一世代)とリン光材料(第二世代)が用いられてきた。その中で、同大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)が研究を進めている熱活性化遅延蛍光材料は、一重項と三重項励起状態のエネルギーギャップが小さいという特徴を有し、電気励起によって生成した励起子をほぼ100%の効率で光へと変換できることから第三世代有機EL発光材料として注目されている。

また、熱活性化遅延蛍光材料は、希少金属元素を含まない純粋な有機化合物から構成されるため、低材料コストと高効率EL発光を同時に実現可能な有機EL発光材料として、研究開発が進められている。しかし、高電流密度領域において外部量子効率の大きなロールオフ(減衰傾度)が生じる問題を抱えていた。

本研究成果として、熱活性化遅延蛍光の発光メカニズムを利用することにより、高効率な青色EL発光が実現可能であることを実証したことをあげる。また、量子化学計算により、励起状態のエネルギー準位と小さなロールオフ特性との間に重要な相関関係があることを明らかにした。

なお、本開発は、内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)および文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)の支援のもと行われた。本研究成果は、国際学術雑誌“Nature Photonics”のオンライン版に3月2日(日)18時(ロンドン時間)に掲載された。

【参考】
九州大学 - 高効率青色熱活性化遅延蛍光有機 EL素子の開発に成功

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.