> > 九大、新材料を用いた青色発光有機EL素子を開発 コストと高効率の両立に道

九大、新材料を用いた青色発光有機EL素子を開発 コストと高効率の両立に道

 印刷 記事を保存

九州大学は、第三世代の有機EL発光材料と目される熱活性化遅延蛍光材料を利用した、高効率かつ小さなロールオフ特性を示す青色発光有機EL素子の開発に成功したと発表した。

近年、有機ELは高精細ディスプレイや大面積照明などへの応用が期待されている。今回の研究成果により、フルカラー有機ELディスプレイや白色有機EL照明などの普及に向けて、これまでの発光材料では解決できなかった課題を解消し、有機EL発光材料に求められている低材料コストかつ高効率発光の実現が期待される。

(※全文:1,700文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.