> > コニカミノルタ、白色有機EL照明パネルで世界最高発光効率131lm/Wを達成

コニカミノルタ、白色有機EL照明パネルで世界最高発光効率131lm/Wを達成

 印刷 記事を保存

コニカミノルタは、発光面積15平方センチメートルの白色有機EL照明パネルにおいて、世界最高の発光効率131lm/Wを達成したと発表した。131lm/Wは一般的なLED照明器具の発光効率を上回る数値であり、同社では有機EL照明の可能性を広げる大きな一歩となると説明している。

有機EL照明は薄く、軽く、面光源という従来にない特長により次世代照明として注目されている。同社では、銀塩感光材料開発や色素開発などで培った機能性有機材料合成技術と機能性有機材料設計技術を活かし、有機EL照明とその材料について、実用化にむけた研究開発を以前から進めてきた。

今回開発した発光効率131lm/Wの有機EL照明パネルは、発光効率103lm/Wのパネルでも採用した以下の技術の最適化をさらに追求したことにより達成した。

(※全文:758文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.