> > コニカミノルタ、白色有機EL照明パネルで世界最高発光効率131lm/Wを達成

コニカミノルタ、白色有機EL照明パネルで世界最高発光効率131lm/Wを達成

記事を保存

コニカミノルタは、発光面積15平方センチメートルの白色有機EL照明パネルにおいて、世界最高の発光効率131lm/Wを達成したと発表した。131lm/Wは一般的なLED照明器具の発光効率を上回る数値であり、同社では有機EL照明の可能性を広げる大きな一歩となると説明している。

有機EL照明は薄く、軽く、面光源という従来にない特長により次世代照明として注目されている。同社では、銀塩感光材料開発や色素開発などで培った機能性有機材料合成技術と機能性有機材料設計技術を活かし、有機EL照明とその材料について、実用化にむけた研究開発を以前から進めてきた。

2010年からは、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が実施する「次世代高効率・高品質照明の基盤技術開発」プロジェクトの有機EL照明の委託先の一つとして選ばれ、本プロジェクトのテーマに基づいた研究開発も同時に行っている。

有機EL照明の本格的普及のための大きな課題である発光効率の向上については、本プロジェクトのテーマの一つとして、同社独自の技術を活かした研究開発を進めてきた。その成果として、発光効率103lm/を実現した有機EL照明パネル(発光面積15平方センチメートル)を開発し、昨年10月に開催されたアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展CEATEC JAPAN 2013に出展している。

今回開発した発光効率131lm/Wの有機EL照明パネルは、発光効率103lm/Wのパネルでも採用した以下の技術の最適化をさらに追求したことにより達成した。

  • 独自開発の新規青色りん光発光材料の活用による内部量子効率向上
  • 光学シミュレーションに基づく有機層構成技術と内部光取り出し技術による光取り出し効率向上

同社では今後も、有機EL照明において、発光効率や発光寿命といった基本特性を向上させる基盤技術開発を推進するとともに、フレキシブル化などの応用技術開発に注力し、有機EL照明における「新しい価値の創造」を目指していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.