> > NEDOと豊田通商、中国で自動車のリサイクル率90%を実現

NEDOと豊田通商、中国で自動車のリサイクル率90%を実現

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)と豊田通商は、中国国家発展改革委員会と連携し、中国・北京に大規模集約型の自動車リサイクルシステムを構築した。NEDOは2015年度末まで今回構築した設備を使用し、実証データの蓄積とシステムの改良を行う予定だ。

日本の自動車リサイクルは分業体制が整備されており、資源回収のみならず、シュレッダーダストの処理、フロン破壊、廃液処理等まで解体処理される。産業全体の連携により、低環境負荷と高いリサイクル率、より安全な解体作業が実現されている。

しかし中国でのリサイクル産業の実情は手作業での解体作業が主流のため不安全であり、解体効率も通常2~3人がかりで1日2~3台程度の処理台数であった。

(※全文:793文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.