> > NEDOと豊田通商、中国で自動車のリサイクル率90%を実現

NEDOと豊田通商、中国で自動車のリサイクル率90%を実現

記事を保存
NEDOと豊田通商、中国で自動車のリサイクル率90%を実現

新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)と豊田通商は、中国国家発展改革委員会と連携し、中国・北京に大規模集約型の自動車リサイクルシステムを構築した。NEDOは2015年度末まで今回構築した設備を使用し、実証データの蓄積とシステムの改良を行う予定だ。

日本の自動車リサイクルは分業体制が整備されており、資源回収のみならず、シュレッダーダストの処理、フロン破壊、廃液処理等まで解体処理される。産業全体の連携により、低環境負荷と高いリサイクル率、より安全な解体作業が実現されている。

しかし中国でのリサイクル産業の実情は手作業での解体作業が主流のため不安全であり、解体効率も通常2~3人がかりで1日2~3台程度の処理台数であった。

これを受けたNEDOと豊田通商は、日本との違いを踏まえて、中国に適した自動車リサイクルのトータルシステムを構築した。解体の上流に当たる前処理(有価物の取り外し、有害物の除去等)の機械化に加え、積載効率や安全作業を達成するプレス・切断機の導入、また下流に当たる様々な発生物の再資源化技術(配線類からの銅回収、廃タイヤの原料化等)を一つのリサイクルシステム上で行うことが可能だ。

また、廃液やフロン等の有害物の回収・処理工程までを統合することで、環境負荷低減を実現した。特に、エアコンの冷媒として使われるフロン類については、解体工程内で回収・破壊処理までを行うことで、約6,590kg/台のCO2削減効果を生む。

このシステムにより自動車本体のリサイクル率(重量比)90%を実現。さらに効率的な解体システムで年間約1万台の解体処理が可能だ。この処理能力は、北京市内で解体・リサイクル処理されている使用済み自動車の約13%に相当する。

このプロジェクトの成果を基に、豊田通商は日本企業として初めて中国国内で自動車解体リサイクル事業に参入する方針を打ち出した。今後の日本の自動車リサイクル技術の普及が期待される。

【参考】
NEDO - 北京で高効率の自動車リサイクルシステムを構築

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.