> > 有害な化学物質、平成24年度の排出量は前年度比6.9%減

有害な化学物質、平成24年度の排出量は前年度比6.9%減

 印刷 記事を保存

経済産業省及び環境省は、相当広範な地域の環境において継続して存すると認められ、かつ、人の健康を損なうおそれや動植物の生息等に支障を及ぼすおそれのある化学物質(化管法第一種指定化学物質)について、平成24年度の化学物質の排出量・移動量等の集計・推計結果を公表した。

平成24年度の1年間に届出対象事業者から届出のあった全国の3万6,504事業所からの排出量・移動量について集計したところ、排出量は16万2,000トン(対前年度比6.9%減)、移動量は21万9,000トン(対前年度比2.8%減)、排出量と移動量の合計では38万1,000トン(対前年度比4.6%減)となった。

(※全文:716文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.