> > 東急不動産、農地再生やエネルギー事業のコンサル会社立ち上げ

東急不動産、農地再生やエネルギー事業のコンサル会社立ち上げ

記事を保存

東急不動産は千葉県市原市東国吉地区において、土地所有者である生光園(造園業)、現地で農地再生に取り組んでいる千葉・市原農産(農業生産法人)、および環境戦略コンサルティング事業を行っているレコテックと共に、新法人「日本リノ・アグリ株式会社」を設立した。

同法人は、同地域での農地再生のサポート、山林等の利活用事業やエネルギー事業、他地域での農地再生や農林業6次化支援のコンサルティング事業等を展開し、農業を軸とした地域開発を行っていくことが目的だ。「リノ・アグリ」は、「リノベーション・アグリカルチャー」を意味する。

同社の設立は2014年2月25日。所在地は千葉県千葉市緑区あすみが丘。資本金は約一千万円で、出資比率は生光園が50%、東急不動産30%、千葉・市原農産10%、レコテック10%となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.