> > 北海道、今冬の節電目標6%を達成できず 火力停止で綱渡りの日も

北海道、今冬の節電目標6%を達成できず 火力停止で綱渡りの日も

 印刷 記事を保存

北海道電力は、7日、政府が冬季の電力需給対策として、北海道に対して12月9日から3月7日まで、2010年度比でマイナス6%以上の数値目標付きの節電を要請していた期間が終了したことを受けて、今冬の電力需給状況を発表した。

これによると、今冬の節電結果として、2月末までの平日における日々の最大電力について、気温の影響を考慮して2010年度と今年度を比較した場合、マイナス5.4%程度となり、節電目標であるマイナス6%は達成できなかった。今冬の最大需要電力は540万kWで、マイナス6%の節電目標の基準である544万kWを下回った。

一方、12月17日からおよそ1カ月の間、同社の火力最大機である苫東厚真発電所4号機が計画外停止した。

(※全文:962文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.