> > エナリス、再エネ電気をFITより高い金額で購入 通常の電気より安く販売

エナリス、再エネ電気をFITより高い金額で購入 通常の電気より安く販売

記事を保存

エナリス(東京都足立区)は、生活協同組合コープさっぽろ(北海道札幌市)と協業し、北海道内で太陽光等再生可能エネルギーにより発電された電力を、環境価値を付加した価格で買い取り、新電力会社(PPS)を介してコープさっぽろの店舗で利用する取り組みを開始する。

同社は、7日、コープさっぽろが行うエネルギーの地産地消を促進する取り組みにおいて新たなスキームによる協業を開始すると発表した。

本取り組みは、北海道内で発電された再生可能エネルギーをコープさっぽろの施設にて利用するもの。北海道内では需要家側が主導となって進める先進的な取り組みになる。北海道内の発電事業者としては、自社の発電設備で発電された電気が、同じ道内の企業で利用されることになるため、事業を通して循環型の経済を推進することになる。

具体的なスキームとしては、エナリス、およびコープさっぽろの100%子会社であるエネコープ(北海道札幌市)が協同して、北海道内の再生可能エネルギー発電事業者から、政府が再生可能エネルギーの固定買取価格制度で決定している、電力の買取価格(FIT価格)に環境価値を評価してプレミアムをつけて再生可能エネルギーを買い取る。

エナリスが買い取った電気は、新電力会社(PPS)を介し、コープさっぽろの店舗で利用される。電力会社側は費用負担調整機関から交付される交付金により、コープさっぽろへ販売する電力を通常の電力より安く提供できる。

再生可能エネルギーの地産地消を促進する新スキーム

再生可能エネルギーの地産地消を促進する新スキーム

当スキームにおける第1号案件として、エネコープが自社で所有する2カ所のメガソーラー「コープ・市民ソーラーとかち川西発電所」と「コープ・市民ソーラーとかち南町発電所」(2カ所の合計で、出力約2MW、年間発電量想定約200万kWh時)で発電された電気を、エナリスが買取りを行う特定契約を締結した。エナリスは、買い取った電気を、新電力を通じてコープさっぽろに供給する。

エナリスは電気の買取りを通じて、企業の再生可能エネルギーの有効利用、エネルギーの地産地消、それらを通じた電力利用の効率化を支援する。

エナリスは、エネルギーの効率的利用をテーマに、新電力(PPS)業務の支援を手がける。新電力会社(PPS)は一般電気事業者(電力会社)以外で、50kW以上の高圧電力を必要とする大口需要家に対し電気の小売り供給を行う事業者のことをいう。

参考:費用負担調整機関と電気事業者における再生可能エネルギー促進賦課金の関係

参考:費用負担調整機関と電気事業者における再生可能エネルギー促進賦課金の関係

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.