> > 超硬工具工場のタングステンスラッジからレアメタルを回収する新事業

超硬工具工場のタングステンスラッジからレアメタルを回収する新事業

 印刷 記事を保存

サンクト(東京都江東区)は、レアメタルのひとつであるタングステン原料の安定確保に向けて、産業廃棄物として処分されることの多い、超硬工具の製造過程で発生する炭化タングステンスラッジ(汚泥)を活用したリサイクル事業を開始した。

同社は、3月7日、「レアメタルの前処理事業」に本格参入したと発表した。2013年6月に東海地区にて工場を取得した後、グループ会社の傘下とし、設備改修や環境装置の取り付け回収を行い、年明けに本格稼働させ本事業をスタートさせた。

本事業では、超硬工具の製造過程で発生するタングステンを含む汚泥(スラッジ)を乾燥・焙焼することでタングステン分を濃縮し、超硬工具メーカーなどがリサイクルしやすい原料に仕上げ供給する。それにより、希少価値の高いタングステン等の特殊金属の安定確保を目指す。

(※全文:1,387文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.