> > 不動産価値を向上させる「グリーンビルディング認証制度」 新たな運営体制へ

不動産価値を向上させる「グリーンビルディング認証制度」 新たな運営体制へ

 印刷 記事を保存

日本政策投資銀行(DBJ)および日本不動産研究所(JREI)は、10日、新たに業務協力協定を締結し、環境や社会に配慮した不動産(グリーンビルディング)を評価する「DBJ Green Building認証制度」の共同運営を開始したと発表した。

また、今回、共同運営体制発足後初めての認証として、JREIは、日本生命保険が開発するオフィスビル「(仮称)丸ノ内1丁目プロジェクト」(東京都千代田区)に対して、施工前の物件を評価するプラン認証を実施し、「国内トップクラスの卓越した『環境・社会への配慮』がなされたビル」として、5段階で最高位の「Platinum(plan)2013」の認証を付与した。

本認証制度は平成23年4月にDBJが創設。対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証し、その取り組みを支援することを目的としている。現在までに130件を超える認証実績を有しており、認証された不動産は、その鑑定評価において付加価値が認められることが期待される。

(※全文:629文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.