> > みなとみらい21の「熱供給」サービス DBJ環境格付を2年連続取得

みなとみらい21の「熱供給」サービス DBJ環境格付を2年連続取得

記事を保存
みなとみらい21の「熱供給」サービス DBJ環境格付を2年連続取得

DBJ(日本政策投資銀行)は、みなとみらい21熱供給に対し、2年連続となる「DBJ環境格付」に基づく融資を実施したと発表した。

同行は、みなとみらい21地区の街づくりを環境面で支える地域冷暖房(地域熱供給システム)において、熱供給効率の改善を推進している点や、供給先に対して熱の使用状況とその改善案をフィードバックし、熱の有効利用を促進している点を高く評価した。その結果「環境への配慮に対する取り組みが十分」という格付を取得したとしている。

地域冷暖房とは、エリア全体(一定の地域の複数建物)の冷暖房・給湯等に利用する冷水・蒸気を地区プラント(一ヶ所または数ヶ所)で集中的に製造し、供給導管を通じて24時間365日供給するシステム。
熱源設備の集中化による運転効率の向上がもたらす省エネルギー効果をはじめ、大気汚染防止、地球温暖化防止等、環境保全にも大きな役割を果たす。

「DBJ環境格付」は、DBJが開発した格付システムにより企業の環境経営度を評点化し、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定する融資メニュー。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.