> > 2020年のLED関連世界市場、2.4倍の3兆7,588億円に 民間予測

2020年のLED関連世界市場、2.4倍の3兆7,588億円に 民間予測

記事を保存

※本記事につきまして、一部間違いがございましたため、次の通り本文記事を修正いたしました。お詫びとともに訂正申し上げます。(2014/03/13)
 【2段落目】
 誤:注目市場は中国・台湾・韓国で、2013年の合計生産数量は~
 正:注目市場は中国・台湾・韓国で、2020年の合計生産数量は~

富士キメラ総研は、LED(発光ダイオード)の関連市場を調査し、その結果を報告書「2014 LED関連市場総調査 上・下巻」にまとめて発表した。

これによると、2020年のLEDパッケージ市場は、数量ベースで2013年比2.0倍の4,790億個、金額ベースで同2.4倍の3兆7,588億円と予測。照明器具・光源用の白色LEDパッケージが単価は下がるものの数量ベースでは大幅に増加し、全体をけん引していくとみられる。注目市場は中国・台湾・韓国で、2020年の合計生産数量は4,047億個と世界市場の8割強を占めている。

調査結果の概要は以下の通り。

LEDパッケージの世界市場

2013年のLEDパッケージ市場は、数量ベースでは前年比11.8%増の2,367億個。有色LEDパッケージが50.7%を占めている。白色LEDパッケージの構成比は46.7%だが、2014年には有色LEDパッケージを逆転するとみられる。金額ベースでは同16.8%増の1兆5,729億円。白色LEDは単価が高いため金額ベースでは78.4%を占めている。

「白色LEDパッケージ」は、LCDバックライト用、照明器具・光源用が中心。LCDバックライト用では、スマートフォンやタブレットの需要増加や新興国向けのTV需要が好調で市場が拡大した。今後は照明器具・光源用の需要増加が期待される。同用途は日系メーカー、欧米系メーカーが強い分野であるが、近年中国メーカーも注力している。

「有色LEDパッケージ」は、指示灯・スイッチ用、装飾・イルミネーション用が中心。また、2013年は中国における表示器市場が好調だった。フィーチャーフォン用キーライトやTV用など一部の主力アプリケーションにおいて需要低下が懸念される一方で、家電用やOA・FA機器用などの新規需要の獲得が期待される。

バックライト用LEDパッケージの世界市場

バックライト用LEDパッケージの2013年の市場は、前年比20.6%増の586億個。「中小型LCD向け」は、フィーチャーフォンやデジタルスチルカメラ、フォトフレーム用が減少している一方、スマートフォンの大画面化により搭載個数が増えたことで全体的に需要は増加している。スマートフォンにおける画面の明るさへのニーズは高く、大幅な搭載個数の削減は考えにくいため、スマートフォン市場の拡大に伴い、2014年以降も需要増加が期待できる。

「IT用LCD向け」は、ノートPCやデスクトップPCの需要減少を、タブレットの急成長でカバーしている。「TV用LCD向け」は、日本、欧米など先進国向けのLCD-TV市場は伸び悩んでいるが、アジアや南米などの新興地域では好調で2013年はプラス成長となった。ただし、LEDパッケージの搭載数量が少なくて済む直下型の比率が増えるため、需要は減少すると考えられる。2014年以降は、TV用LCD向けやIT用LCD向けでセット機器の市場成長が鈍化するのに加え、バックライトユニット1台当りのLEDパッケージの搭載量が減少するとみられる。

「中小型LCD向け」は引き続き市場拡大が期待されるものの、バックライト用LEDパッケージ市場全体では縮小が予測される。

LED照明器具・光源用LEDパッケージの世界市場

LED照明器具・光源用LEDパッケージの2013年の市場は、2012年比38.1%増の406億個。大半が白色LEDパッケージで、出力は0.5W未満が7割以上を占めているが、徐々に高出力化するとみられる。一部で有色LEDパッケージも採用されている。

「日本」では先行して店舗用照明への導入が進み、現在は住宅用照明での需要が増加している。LEDダウンライト、LED電球、LEDシーリングライトなどの市場が伸びている。消費税増税前の駆け込み需要や電気料金の値上げの影響により、特に2013年後半から需要が増加している。

「中国」や「欧米」におけるLED照明は、先に屋外照明への導入が進み、現在は店舗用照明、オフィス用照明への導入が進んでいる。住宅用照明については今後の拡大が期待される。中国では、参入メーカーが増加しており競争も激化している。

中国や欧米では電気代が安いためLEDへの関心が低い地域もみられるが、白熱電球の販売中止などにより、今後もLED照明の世界規模での拡大が期待される。それに伴い2020年のLED照明器具・光源用LEDパッケージの世界市場は2013年比6.5倍の2,627億個が予測される。

注目地域/中国・台湾・韓国におけるLEDパッケージの生産数量

「中国」「台湾」「韓国」におけるLEDパッケージの2013年の生産数量は合計で1,944億個となり、世界の生産数量の8割以上を占めている。2020年には、合計4,047億個となり倍以上に増えると予測されている。

「中国」は、装飾・イルミネーション、指示灯・スイッチ、表示器などに使われる有色LEDパッケージの生産数量が多い。赤/橙/黄色系の可視光LEDパッケージが中心だが、ここ数年で照明用途での白色LEDパッケージの需要が増加。2013年の生産数量は前年比5.8%増の1,163億個。フィーチャーフォン、家電などのセット機器、最近ではバックライトユニットや照明器具・光源の生産拠点にもなっている。

「台湾」は、大型LCDバックライトユニット向け、特にTV用の生産が多い。2013年はTV用が不調で、IT用LCD向けでデスクトップPCやノートPCの需要が低迷したものの、照明器具・光源用LEDパッケージの需要増加がカバーした。2013年の生産数量は前年比21.4%増の460億個。今後も拡大が期待され、2020年の市場は2013年比2.7倍の1,225億個が予測される。

「韓国」では、白色LEDパッケージをメインに高輝度、高演色な高付加価値パッケージの生産が行われてきた。近年、参入メーカーは低調なバックライト用に代わって照明器具・光源用の白色LEDパッケージに注力している。2013年の生産数量は前年比11.8%増の321億個。2020年に向けて、中国や台湾と比べると成長率は劣るものの市場拡大が予測される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.