> > 政府の温暖化対策予算案額、前年度比1割増で9,000億円を突破

政府の温暖化対策予算案額、前年度比1割増で9,000億円を突破

記事を保存

政府による2014年度の地球温暖化対策関係の予算案額が、2013年度より10%増となる9,065億3,800万円となることがわかった。府省別に予算額をみると、経済産業省が約42%、農林水産省が約21%、環境省が約18%を占めている。2013年度比では環境省と復興庁が1.3倍となっている。

環境省は14日、各府省における2014年度の地球温暖化対策関係の予算案額を集計した結果を発表した。この集計は、2013年以降の地球温暖化対策において、中長期的な低炭素社会構築に向けて、対策・施策を総合的・計画的に推進し、政府全体での取組状況の予算面からの把握及び各府省の連携強化を図ることを目的としている。

同省では、2014年度の地球温暖化対策関係について以下4つの分類で集計している。

2014年度予算案

  1. 2020年までに温室効果ガス削減に効果があるもの(3,385億円)
  2. 2021年以降に温室効果ガス削減に効果があるもの(1,903億円)
  3. その他結果として温室効果ガスの削減に資するもの(3,151億円)
  4. 基盤的施策など(626億円)

※内数として地球温暖化対策関係予算に該当する額が特定できないものは計上されていない。

4分類ごとの概要は以下の通り。

01.2020年までに温室効果ガス削減に効果があるもの

【農林水産省】1,176億円(構成比35% ※以下同)

  • 森林環境保全整備事業784億円
  • 水源林造成事業249億円 等

【経済産業省】1,152億円(34%)

  • エネルギー使用合理化事業者支援補助金448億円
  • クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金300億円
  • 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金76億円 等
【環境省】794億円(23%)
  • 再生可能エネルギー等導入推進事業220億円
  • 低炭素価値向上に向けた社会システム構築支援基金94億円 等
【国土交通省】138億円
  • 適切な汚水処理の確保等のための下水道事業に必要な経費52億円 等
【復興庁】119億円
  • 森林環境保全整備事業42億円 等

対策分野別にみると、森林吸収源対策が40%(1,354億円)、産業部門(製造事業者等)の取組が17%(561億円)、低炭素型の都市・地域構造が14%(483億円)、運輸部門の取組12%(418億円)を占める。

2020年までに温室効果ガス削減に効果があるもの

2020年までに温室効果ガス削減に効果があるもの
(※画像クリックで拡大)

02.2021年以降に温室効果ガス削減に効果があるもの

【経済産業省】1,261億円(66%)

  • メタンハイドレート開発促進事業委託費127億円
  • 戦略的省エネルギー技術革新プログラム93億円
  • 二酸化炭素削減技術実証試験事業85億円 等

【文部科学省】332億円(17%)

  • ITER計画等の実施 251億円
  • 戦略的創造研究推進事業(先端的低炭素化技術開発)57億円 等

【環境省】141億円(7%)

  • CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業48億円 等

【農林水産省】124億円(7%)

  • 「緑の新規就業」総合支援事業費64億円 等

【復興庁】33億円

  • 革新的エネルギー研究開発拠点形成13億円 等

【国土交通省】12億円

  • 先導的都市環境形成促進事業4億円 等

対策分野別にみると、横断的施策等が67%(1,266億円)、エネルギー転換部門の取組20%(375億円)を占める。

2021年以降に温室効果ガス削減に効果があるもの

2021年以降に温室効果ガス削減に効果があるもの
(※画像クリックで拡大)

03.その他結果として温室効果ガスの削減に資するもの

【経済産業省】1,081億円(34%)

  • 風力発電のための送電網整備実証事業費補助金151億円
  • 次世代エネルギー・社会システム実証事業60億円 等

【環境省】693億円(22%)

  • 循環型社会形成推進交付金530億円
  • “一足飛び”型発展の実現に向けた資金支援(うち基金/ADB拠出金) 60億円 等

対策分野別にみると、森林吸収源対策が36%(1,124億円)、エネルギー転換部門の取組が31%(970億円)を占める。

その他結果として温室効果ガス削減に資するもの

その他結果として温室効果ガス削減に資するもの
(※画像クリックで拡大)

04.基盤的施策など

【経済産業省】270億円(43%)

  • 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 220億円 等

【文部科学省】177億円(28%)

  • 全球地球観測システム構築の推進に必要な経費 108億円等

対策分野別にみると、横断的施策等が96%(600億円)を占める。

基盤的施策など

基盤的施策など
(※画像クリックで拡大)

【参考】
環境省 - 平成26年度地球温暖化対策関係予算案について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.