> > 会員数最大の自動車リサイクル部品流通ネットワーク誕生

会員数最大の自動車リサイクル部品流通ネットワーク誕生

記事を保存
会員数最大の自動車リサイクル部品流通ネットワーク誕生

自動車リサイクル部品流通管理システムの管理運用と開発等を手がけるSPN(東京都)と、豊田通商の子会社で、自動車リサイクル部品のネットワーク運営に関わる各種事業等を行うエコライン(愛知県)は、ネット取引の拡大、ハイブリッド車部品の増加など、昨今の自動車アフターマーケット及びリサイクルビジネスの市場環境に対応し、さらなるサービス強化と事業拡大を目的に、4月1日付で統合(合併)すると発表した。

今回の統合により、両社は「会員数No.1のリサイクル部品流通ネットワーク(186社:SPN83社、エコライン103社)」「本部機能の強化・効率化」「会員間のリサイクル部品の流通量拡大促進」を実現することにより、国内外の自動車アフターマーケットにおいて、付加価値の高いビジネスを推進したい考えだ。

統合にあたり、存続会社は「SPN」とし、社名を「株式会社JARA (日本自動車リサイクラーズ・アライアンス)」に変更する。 JARAは、エコラインの100%出資株主である豊田通商に対し、合併の対価としてJARAの株式42%を譲渡するとともに、同社より取締役を3名受け入れる。

SPNは、2003年に設立、自動車リサイクル部品流通管理システムの管理運用と開発のほか、全損車両及び使用済み車両の情報処理と適正処理の指導、自動車リサイクルビジネスのコンサルティングを行ってきた。一方、エコラインは、 2001年に設立、自動車リサイクル部品のネットワーク運営に関わる各種事業に加えて、廃棄物管理に関わるコンピューターのソフトウェア開発関連事業を行ってきた。両社は、これまで自動車リサイクル部品のネット販売システムで連携し、リサイクル部品の相互販売・流通・取引を行ってきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.