> > 東京都・「JR神田万世橋ビル」が米環境指標LEED認証を2件取得

東京都・「JR神田万世橋ビル」が米環境指標LEED認証を2件取得

記事を保存
東京都・「JR神田万世橋ビル」が米環境指標LEED認証を2件取得

JR東日本グループは、17日、昨年1月に竣工したオフィスビル「JR神田万世橋ビル」(東京都千代田区)において、米国などで広く普及している環境指標であるLEED認証制度の2つの認証を取得したと発表した。同グループの施設としては、初めてのLEED認証取得となる。

LEED(Leadership in Energy & Environmental Designの略)は、米国グリーンビルディング協会によって開発・運用されている建築物(敷地利用を含む)の環境配慮基準の認証制度。

JR神田万世橋ビルは地球環境、地域、景観、歴史との共生をコンセプトにした、次世代の環境配慮型ビル。地上20階地下2階で、延床面積は約28,500平方メートル。

同ビルは、テナントビルの躯体・外装・共用部を対象とした認証である「LEED-CS(LEED for Core and Shellの略)」の「GOLD」を昨年12月に取得した。また、ジェイアール東日本ビルディングは、同ビルの3~4階で運営する貸会議室「ステーションコンファレンス万世橋」について、テナント専用部の内装を対象とした認証「LEED-CI(LEED for Commercial Interiors の略)」の「GOLD」の認証を本年3月に取得した。

スタジオルームでは、適切な森林管理のもとに生産された木材を証明するFSC認証を取得した木材をフローリングに使用している

スタジオルームでは、適切な森林管理のもとに生産された木材を証明するFSC認証を取得した木材をフローリングに使用している

今回の認証については、主に以下の環境対応が評価された。

  • 貸室空間を北東面に配置し、直射日光を受ける南西面にエレベータや階段などの窓面が少ない設備を配置し、建物の熱負荷を抑制
  • 屋上に太陽光発電パネルを設置し、建物の照明電力などに利用
  • 屋上の緑化により、建物が受ける熱負荷を抑制
  • 電気自動車専用の充電設備を設置
  • シャワールーム・駐輪場を設置し、エコな自転車通勤ライフをサポート
  • 工事期間中の建設廃棄物リサイクルを促進
  • 水利用の高効率化(中水利用・節水型衛生器具)、高効率給湯機器、LED照明を採用

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.