> > 長崎県で「佐世保メガソーラー」が運転開始 直流電圧750V採用で効率アップ

長崎県で「佐世保メガソーラー」が運転開始 直流電圧750V採用で効率アップ

記事を保存
長崎県で「佐世保メガソーラー」が運転開始 直流電圧750V採用で効率アップ

キューデン・エコソルは、長崎県佐世保市で「佐世保メガソーラー発電所」の運転を開始したと発表した。

同発電所は九州電力が所有する土地約120,000平方メートルに建設。発電規模は10MWで、同社が昨年5月に運転を開始した大村メガソーラー発電所(13.5MW)に次ぎ、長崎県内では2番目の規模となる。太陽光発電パネルは三菱電機製で41,040枚を使用、年間発電量は平均約10,356MWh(一般家庭約2,900戸分の年間使用電力量に相当)を想定している。CO2削減効果は年間約6,200t-CO2(推定)。

本事業では、直流電圧750Vのシステムで変換によるロスを低減させるなど、複数の施工方法の採用等により効率を向上させたとしている。また、遠隔監視・操作機能を採用することで、給電指令や事故にも迅速に対応できるシステムを構築した。

また、同社は、他社のメガソーラー発電所の設計・施工業務、導入後の保守・運転管理業務について一括して運営するシステムインテグレーション事業も行っており、ヤマエ石油の「ヤマエ八代太陽光発電所」の運転開始も同事業の案件として今月より運転開始した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.