> > 消費電力30%減 新しいデータセンター向け統合空調制御システム

消費電力30%減 新しいデータセンター向け統合空調制御システム

記事を保存
消費電力30%減 新しいデータセンター向け統合空調制御システム

NTTファシリティーズは、データセンター内の冷水利用空調システムにおける熱源系(チラー)、送水系(ポンプ)の消費電力を削減する統合空調制御システム「Unified Cooling®」の提供を開始した。

同社は、冷水利用の空調制御システムとして「Smart Stream®」を展開しているが、「Unified Cooling®」は、その中でデータセンターに特化したソリューションで、独自の制御技術によって冷水利用空調システムの消費電力の過半を占めるチラー、ポンプの省エネ制御を実現する。空調機のファン動力を削減する同社製品「Smart DASH®」と組み合わせることで、「Smart DASH®」のみ使用の場合と比較して2.5倍(空調システム全体に対して最大30%)の消費電力削減が可能。

「Unified Cooling®」を空調総合ソリューションのラインアップに追加することで、同社は、空調関連商材・サービスの提供を国内外で展開し、年間200億円の売り上げを目指す。

「Unified Cooling®」は、これまで一定の設定値で運用されていたチラーとポンプの統合制御を行い、柔軟に設定値を調整することで電力を削減する。開発した専用のコントローラによって、新築、既築のビルを問わず、チラー、ポンプ、空調機の情報をBAS(ビル中央監視装置)の標準通信プロトコル規格 BACnetで統合し、データセンター内の温湿度や空調機の運転状態を監視しながらチラー・ポンプの設定値の調整を行う。これにより高信頼で高効率な統合空調制御を実現し、チラーとポンプの消費電力を大幅に削減。また、「SmartDASH®」と組み合わせることで、冷水利用空調システムを構成する空調機・チラー・ポンプ全ての省エネが可能となり、空調システム全体の消費電力も削減した。

ICT機器の高発熱化、クラウドサービスの進展に伴い、データセンターの消費電力が増大し、単位面積当たりの電力消費は一般のオフィスの約10倍にも値すると言われている。なかでも、データセンターの冷却を行う空調システムの消費電力はデータセンター全体の約3割を占めており、コスト削減や環境負荷軽減を行うため省エネ化の需要は拡大している。

規模の大きなデータセンターでは消費電力も大きくなり、空冷パッケージ式空調機では屋外スペースに屋外機が設置できなくなる可能性があるため、冷水利用空調システムが採用される傾向が高まっている。冷水利用空調システムは、水を冷やす装置であるチラー、水を循環させる装置であるポンプ、サーバルーム等に設置され冷房を行う空調機に役割が分けられる。

Unified Cooling(R)の概要

Unified Cooling®の概要

これらチラー・ポンプ・空調機は、異なるメーカー製のもので構成されることが多く、機器間での連携運転ができない。このため、チラーで作られる冷水の温度やポンプの送水圧力(送水量)は最大の冷房負荷を想定した一定の設定値で運用され、ICT装置の稼働率が低いなどの理由で負荷が最大値に満たない場合には、必要以上の電力を消費し効率が低下するといった傾向がある。チラー・ポンプの消費電力は水冷空調システム全体の消費電力の6割を占め、省エネが大きな課題となっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.