> > ルノー・日産、研究・開発、生産技術・物流など主要4機能を統合

ルノー・日産、研究・開発、生産技術・物流など主要4機能を統合

記事を保存
ルノー・日産、研究・開発、生産技術・物流など主要4機能を統合

ルノー・日産アライアンスは、2016年までに少なくとも年間43億ユーロのシナジー効果を創出することを目標に、4月1日より「研究・開発」「生産技術・物流」「購買」「人事」の主要4機能の統合を行うことを発表した。

各機能には、各々を統括するアライアンス副社長が就任し、アライアンス副社長は、新たに設立するアライアンス マネジメント・コミッティの監督のもと、ルノーと日産共同でマネジメントにあたる。また、ゴーンCEOを議長とするアライアンス マネジメント・コミッティを新設し、新たな組織体制の整備・展開を促進する。

今回統合を行う4つのアライアンス機能は、以下の通り。

研究・開発

ルノーと日産は、コモン・モジュール・ファミリー(CMF)開発、先行開発、パワートレーン開発(電気自動車を含む)、システム開発、実験施設及び実験機能を統合する。

生産技術・物流

アライアンス共同生産組織は、グローバル生産戦略(ソーシングを含む)、生産工程技術、生産管理及びサプライ・チェーン・マネジメントを対象とする。

購買

ルノーと日産の緊密に連携した共同購買組織は、設立から10年以上が経過した。研究・開発と生産の主要機能の統合に伴い、さらなる購買におけるシナジー効果の増大と、より大きなスケール・メリットを見込んでいる。

人事

ルノーと日産は、グローバル事業の各社共通のタレント・マネジメント方針を含め、アライアンス全体を網羅する共通の人事プロセスを導入する。

なお、ルノーと日産は、1999年に幅広い分野で戦略的に協力する独自のパートナーシップを締結し、これまで「情報システム」「物流」「税及び通関」「購買」等の分野で機能統合を進めてきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.