> > NEDO、温室効果6分の1の新冷媒を開発 空調機器の環境性能がアップ

NEDO、温室効果6分の1の新冷媒を開発 空調機器の環境性能がアップ

記事を保存

NEDOの「高効率ノンフロン型空調機器技術の開発」において、旭硝子は従来の代替フロン冷媒「HFC-410A」と同等の冷媒性能を持ちながら、温室効果を示す地球温暖化係数(GWP)を約6分の1に抑えることができる空調機器向け新冷媒の開発に成功した。旭硝子は引き続きNEDOのプロジェクトで、新冷媒を用いた実証試験や安全性評価などの実用化開発を進め、2016年の商業生産開始を目指す。

新冷媒は、GWPが極めて低い「HFO-1123」を主成分とする環境対応型の混合冷媒。現状製品化されている代替冷媒候補中最もGWPが低い「HFC-32」の約半分までGWPを抑えながら、従来と同等の冷媒性能を有しており、低GWPと省エネ性能の両立を実現する。

現在、空調機器や自動車などの冷媒に使用されているHFCはGWPが高く、環境負荷が大きいことから、その使用が世界的に見直されている。欧州ではすでにHFC規制が始まっており、日本でも2015年から規制が開始される予定。また、国連においてもHFC規制が検討されている。

こうした動きに対応して、現在、ルームエアコンや業務用空調機器の分野ではHFC-32などの代替冷媒が一部で採用され始めているが、地球温暖化防止の観点から、より低いGWP特性を持つ冷媒の開発が、引き続き求められている。そこでNEDOは、低GWP冷媒を用い、かつ高効率を両立する空調機器を実現するため、機器システム、冷媒の両面からの技術開発、及び冷媒の性能、安全性評価を実施している。

なお、「HFC(ハイドロフルオロカーボン)」は、塩素を含まずオゾン層を破壊しないため、代替フロンとして使用されるが、フロンと同等の強い温室効果をもたらす。「HFO(ハイドロフルオロオレフィン)」は、二重結合の特徴を持つフッ素化合物で、地球温暖化係数がフロンや代替フロンよりも圧倒的に低い。

空調機器用途の冷媒比較

  従来の冷媒
(HFC-410A)
新冷媒
(主成分:HFO-1123)
代替冷媒の一つ
(HFC-32)
オゾン層への影響 なし なし なし
GWP比較
※HFC-410Aを1としたとき
1 約6分の1 約3分の1

【参考】
NEDO - 温室効果を約6分の1に低減した新冷媒を開発

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.