> > 兵庫県神戸市、燃料電池車普及のため官民協働で協議会を設立

兵庫県神戸市、燃料電池車普及のため官民協働で協議会を設立

記事を保存
兵庫県神戸市、燃料電池車普及のため官民協働で協議会を設立

神戸市は、市民・事業者に燃料電池車(FCV)・および水素の安全性や利用価値について理解してもらい、水素エネルギーの導入を促進するため、水素エネルギーに関して先進的な取組を行っている企業とともに「神戸市FCV導入促進協議会」を設立し、官民協働の取り組みを開始した。

同市は平成26年度の「FCV(燃料電池車)の導入促進」事業に219万円の予算を計上している。今後は同協議会により、水素ステーションの設置、燃料電池車の導入などを皮切りに、将来的には水素を多用したコジェネレーション(熱電併給)や発電事業も視野に入れた取り組みを検討していく。また、市民向けの啓発イベントなども開催する予定。

水素は、国のエネルギー基本計画において「水素社会の実現」が掲げられるなど、新たなエネルギーとしての利活用が期待されており、水素ステーション、FCVに関する規制緩和や市場導入の動きが進んでいる。

【参考】
神戸市 - 神戸市FCV導入促進協議会 発足式を開催します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.