> > 新日鉄住金エンジニアリング、ドイツの廃棄物処理プラント建設企業を買収

新日鉄住金エンジニアリング、ドイツの廃棄物処理プラント建設企業を買収

 印刷 記事を保存

新日鉄住金エンジニアリングは、ドイツに本社を置く環境プラントエンジニアリング企業Fisia Babcock Environment GmbH(FBE)の株式全部を取得することについて、3月19日にSalini Impregilo S.p.A.(イタリア・ミラノ市)と合意したと発表した。

新日鉄住金エンジとFBEは、保有する廃棄物処理技術(ガス化溶融炉技術、ストーカ炉技術)と事業活動地域がお互い重複しない補完的な関係にあり、新日鉄住金エンジは、事業シナジーの発揮により、廃棄物処理事業の伸長が期待できる欧州を中心とした海外及び国内市場での事業拡大を図りたい考えだ。

(※全文:901文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.