> > クボタ、ミャンマーの経済特区で配管・上下水処理施設の建設を受注

クボタ、ミャンマーの経済特区で配管・上下水処理施設の建設を受注

記事を保存

クボタは、ミャンマー連邦共和国のティラワ経済特区クラスA地区での給水配管及び上下水処理設備建設工事を、元請会社である五洋建設より受注した。

今回建設する設備の処理規模は、直径100~600ミリの取水・給水配管網が約16km、1日における排水量が上水処理施設3,000立方メートル/日、下水処理施設2,400立方メートル/日である。稼働は2015年4月を予定している。

ティラワ経済特区は、開発面積約2,400ヘクタールのうち、先行開発区域(約400ヘクタール)を日本とミャンマーの両国共同の事業会社ミャンマー・ジャパン・ティラワ・デベロップメント社(MJTD)が2015年までに開発する計画だ。

第1期の用地造成工事一式は入札の結果、五洋建設に決定したが、この度、取水・給水用配管にはダクタイル鋳鉄管、上下水処理設備にはランニングコストの低いクボタ独自の処理方式が採用された。

今後ティラワ経済特区では日本企業のみならず、あらゆる外貨企業の進出が期待される。クボタは食料・水・環境などの諸問題にグローバルに対応する会社として、ミャンマー経済の発展と日本の水・環境分野のインフラ輸出の促進に努める方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.