> > 三井物産、微生物によるガス発酵技術開発を行う米国ベンチャーに出資

三井物産、微生物によるガス発酵技術開発を行う米国ベンチャーに出資

記事を保存
三井物産、微生物によるガス発酵技術開発を行う米国ベンチャーに出資

三井物産は、アメリカの技術開発ベンチャー企業LanzaTech社(LT社)の増資に応じ、2,000万米ドルの引き受けを実施した。この出資を機に、LT社への取締役や出向者を派遣し、パートナーとして同社技術のマーケティングから事業展開、製品のオフテイクまで多角的に関わることで、環境負荷の高い排ガスから次世代バイオ燃料・化学品を生産する新たなビジネスの創造を目指す。なお、三井物産は今回の増資(総額6,000万米ドル)のリードインベスター。

LT社は、一酸化炭素(CO)や二酸化炭素(CO2)を含むガスを微生物による発酵により、エタノールやブタジエンといった燃料・化学品に転換するユニークな処理法を開発し、当該技術のライセンス供与のビジネス化に取り組んでいる。また、製鉄所からの排ガス(主にCOと水素)からエタノールを製造する技術に関して、2012年に中国でデモンストレーションプラントによる実証を完了し、世界初となる、排ガスの微生物発酵技術の商業プロジェクトの立ち上げに取り組み、2015年の操業開始を目指している。

こうしたプロジェクトに加えて、都市ごみをガス化したものや、バイオガスなど原料ガスの多様化、また製品においても、エタノールに加えてブタジエン・酢酸やジェット燃料等への転換等多様化を目指し、各分野における優良企業とパートナーを組み、共同開発を進めている。LT社の技術で製造されるエタノールは、排ガスを有効利用したクリーンエネルギーとして、多くの国で実施されているガソリン添加用のバイオエタノールと同様の利用も今後期待されている。

さらに、同社はCO2を含むガスの転換技術開発も進めており、将来、この技術が商業化されれば、温室効果ガスであるCO2をエネルギー・化学品に転換するという、地球温暖化防止に向けた画期的な事業の展開が期待される。

なお、「発酵」とは、一般に微生物が有機物(ブドウ糖等)を分解して微生物の活動に必要な物質を生産する一方、その副産物としてアルコール等を生成(排泄)するプロセスをいう。LT社が使用する微生物は、COと水素を含む合成ガスに加えて、非常に安定な化合物であるCO2の発酵も可能である点が特徴。また、微生物は化学触媒と比較して、非常に低いエネルギーで、反応が可能という特徴もある。

LT社 ガス発酵プロセス

LT社 ガス発酵プロセス

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.