> > 観光にも便利なレンタル自転車 横浜のコミュニティサイクル事業が本格スタート

観光にも便利なレンタル自転車 横浜のコミュニティサイクル事業が本格スタート

記事を保存
観光にも便利なレンタル自転車 横浜のコミュニティサイクル事業が本格スタート

横浜市とNTTドコモは、都心部活性化、観光振興および低炭素化に寄与する取り組みとして、「コミュニティサイクル事業」“baybike”を4月1日から本格的に実施する。

同事業は、市内に自転車の貸出・返却拠点(サイクルポート)を34ヶ所設置し、自転車は400台を配置する、いわゆるレンタルサイクル事業である。区域は横浜都心部を中心とし、期間は平成26年4月1日~平成31年3月31日を予定している。

この事業では「次世代コミュニティサイクルシステム」を採用している。これは自転車にNTTドコモが開発したポートレス型の通信システムを備え付けることで、自転車本体に、通信機能やGPS機能、遠隔制御機能の搭載ができるというもの。これにより遠隔からの自転車の監視や盗難防止が可能。また利用者が自転車の予約、解錠、施錠を行う際も、この機能によって行われる。さらに、幅広い年齢層にも利用できるよう、自転車にはバッテリー電源を使用した電動アシスト機能も搭載している。

自転車本体に制御パネルや電子錠、各種センサがついている

自転車本体に制御パネルや電子錠、各種センサがついている

自転車本体のみで運営できるため、従来よりも、駐輪スペースがコンパクトに設置が可能であり、従来必要であった専用の駐輪場システムが不要なため、導入コストが大幅に低減されることとなった。

横浜市は実施主体として、本事業全体の統括、コミュニティサイクル推進のための広報等を行う。また、利用促進のため利用料金の一部を負担しており、利用料金は月あたり1,500円、または1回(30分)あたり100円を実現した(決済方法はクレジットカード)。

クレジットカードは会員登録時に使い、普段は会員カード(※おサイフケータイや交通系ICカードでも可)を使用する

クレジットカードは会員登録時に使い、
普段は会員カード(※おサイフケータイや交通系ICカードでも可)を使用する

NTTドコモは運営主体としてコミュニティサイクルの施設整備および運営(ポート設備や自転車等の設置、管理)、採算性を確保するための付帯事業実施、商業・観光施設、公共交通等との連携等を行う。

同事業は平成23年度より3年間実施した「横浜都心部コミュニティサイクル社会実験」の成果をもとに実施されることとなった。今後、NTTドコモと横浜市は、利用状況等を見ながら実施区域と規模を順次拡大し、1,000台程度まで運用台数増強と運用期間の10年延長を目指す方針だ。

(左)採算性を確保するため車体広告も (右)コミュニティサイクル実施区域の拡大イメージ

(左)採算性を確保するため車体広告も
(右)コミュニティサイクル実施区域の拡大イメージ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.