> > NIMS、レアメタルのジスプロシウム不使用のネオジム磁石を開発

NIMS、レアメタルのジスプロシウム不使用のネオジム磁石を開発

 印刷 記事を保存

物質・材料研究機構(NIMS)は、希少金属のジスプロシウムを一切使用しないで、ジスプロシウムを4%含む焼結磁石と同等の保磁力と同等以上の最大エネルギー積をもつネオジム磁石を開発した。

本研究では、大同特殊鋼から提供された、従来の焼結磁石の20分の1程度の大きさの結晶からなる熱間加工ネオジム磁石に、低融点のネオジム銅合金(Nd70Cu30)を溶かして結晶粒の間に浸透させ、ネオジム銅(NdCu)合金層を形成することで、熱間加工磁石の保磁力を高めた。

しかし、この方法では、磁石の体積膨張を伴うため磁化が希薄化磁力が低下する。

(※全文:923文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.