> > 排気ガス処理装置の性能低下、平成30年以降はセンサなどで検知

排気ガス処理装置の性能低下、平成30年以降はセンサなどで検知

記事を保存
排気ガス処理装置の性能低下、平成30年以降はセンサなどで検知

環境省及び国土交通省は、平成24年より学識経験者等からなる「排出ガス後処理装置検討会」で進めてきた、排出ガス後処理装置「尿素SCRシステム」の性能低下についての報告書を取りまとめて公表した。

これによると、平成17年規制(新長期規制)適合車については、関係する自動車メーカーに同システムの定期的な昇温を行うよう求めることとし、現行の平成21年規制(ポスト新長期規制)適合車については、排出ガス後処理装置の性能は使用過程においても概ね適切に維持されていると判断した。報告書の概要は以下の通り。

【1】平成17年規制適合車について

平成25年3月に公表した中間報告では、尿素SCRシステムを昇温すれば性能が一定程度回復することから、関係する自動車メーカーによる同システムの定期的な昇温を行うよう求めた。このため、この昇温作業の実施状況と効果を評価の上、関係メーカーに引き続き実施を求めることとした。また、尿素SCRシステムを構成する前段酸化触媒の劣化のメカニズムを検討した。

【2】平成21年規制適合車について

平成21年規制適合車について調査したところ、一部の車種については窒素酸化物(NOx)の排出量に若干の増加が見られたものの、排出ガス後処理装置の性能は使用過程においても概ね適切に維持されていると判断した。

【3】今後の方向性

  1. 平成17年規制適合車については、関係メーカーに対して昇温作業の実施率の向上等の積極的な取り組みと、環境省及び国土交通省への定期的な報告を求める。
  2. 平成21年規制適合車については、今後の使用過程で走行距離が伸びた場合の排出ガス性能について環境省、国交省及び関係メーカーが連携して実測調査を実施すべき。
  3. 平成28年からの次期規制に向けて、メーカーには、同報告書を参考に今後の技術開発において排出ガス後処理装置の耐久性の一層の確保を図ることを求める。また、使用過程での性能維持方策として、各種センサー等により性能低下を検出する高度な車載式故障診断システム(OBDシステム)を平成30年より義務づける。
  4. 触媒の性能低下のメカニズムについては、未解明の事項が多いことから、環境省及び関係メーカー等が協力して引き続き中長期的に調査研究を実施すべき。

「尿素SCRシステム」は、尿素水を利用して排出ガスの成分の一つであるNOxの量を低減させる装置。平成17年規制に適合したディーゼル重量車のうち、排出ガス後処理装置として同システムを搭載したものについて、環境省の調査により、使用過程で性能が低下してNOxの排出量が増加する事例が確認されたため、排出ガス後処理装置検討会で原因の究明及び対策の検討を進めてきた。

【参考】
環境省 - 「排出ガス後処理装置検討会」報告書の取りまとめについて

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.