> > 排気ガス処理装置の性能低下、平成30年以降はセンサなどで検知

排気ガス処理装置の性能低下、平成30年以降はセンサなどで検知

 印刷 記事を保存

環境省及び国土交通省は、平成24年より学識経験者等からなる「排出ガス後処理装置検討会」で進めてきた、排出ガス後処理装置「尿素SCRシステム」の性能低下についての報告書を取りまとめて公表した。

これによると、平成17年規制(新長期規制)適合車については、関係する自動車メーカーに同システムの定期的な昇温を行うよう求めることとし、現行の平成21年規制(ポスト新長期規制)適合車については、排出ガス後処理装置の性能は使用過程においても概ね適切に維持されていると判断した。報告書の概要は以下の通り。

(※全文:1,210文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.