> > 経産省、電力特定供給の許可基準を緩和 蓄エネ併設時に再エネが「発電設備」に

経産省、電力特定供給の許可基準を緩和 蓄エネ併設時に再エネが「発電設備」に

 印刷 記事を保存

経済産業省は、コンビナート内等において発電した電気を他の工場や子会社等に供給することを認める制度「特定供給」の許可基準における自己保有電源比率50%を撤廃し規制を緩和する。

同省資源エネルギー庁は、31日、平成25年6月14日に閣議決定した「規制改革実施計画」に基づき、特定供給の許可基準における自己保有電源要件を見直し、電気事業法上の「特定供給」の許可を行うに当たっての許可基準を緩和すると発表した。

(※全文:823文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.