> > 東京都・新丸ビルの電力、半分が木質バイオマス・バイオガス・太陽光発電に

東京都・新丸ビルの電力、半分が木質バイオマス・バイオガス・太陽光発電に

 印刷 記事を保存

エナリス(東京都)は、三菱地所と新丸ビルにおける電力代理購入サービス契約を締結し、一般電気事業者と新電力による部分供給スキームを活用し、4月1日より新丸の内ビルディング(新丸ビル)の契約電力の約半分に相当する電力を再生可能エネルギー(木質バイオマス発電、バイオガス発電、太陽光発電)でまかなう低炭素電力販売を開始した。

新丸ビル向けに供給される再生可能エネルギーは、ウッティかわい(岩手県)が岩手県宮古市に建設した「木質バイオマス発電」、バイオエナジーが丸の内エリアの三菱地所所有のビルなどから排出される食品廃棄物から発電を行う「バイオガス発電」、三菱地所がちばリサーチパークに設置した「太陽光発電」。

(※全文:1,084文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.