東京都・新丸ビルの電力、半分が木質バイオマス・バイオガス・太陽光発電に

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

エナリス(東京都)は、三菱地所と新丸ビルにおける電力代理購入サービス契約を締結し、一般電気事業者と新電力による部分供給スキームを活用し、4月1日より新丸の内ビルディング(新丸ビル)の契約電力の約半分に相当する電力を再生可能エネルギー(木質バイオマス発電、バイオガス発電、太陽光発電)でまかなう低炭素電力販売を開始した。

新丸ビル向けに供給される再生可能エネルギーは、ウッティかわい(岩手県)が岩手県宮古市に建設した「木質バイオマス発電」、バイオエナジーが丸の内エリアの三菱地所所有のビルなどから排出される食品廃棄物から発電を行う「バイオガス発電」、三菱地所がちばリサーチパークに設置した「太陽光発電」。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報