> > 低消費電力の昇圧レギュレータが発表 光電変換や熱電変換向け

低消費電力の昇圧レギュレータが発表 光電変換や熱電変換向け

記事を保存
低消費電力の昇圧レギュレータが発表 光電変換や熱電変換向け

アナログ・デバイセズ社(米国)は4月2日、光電変換や熱電変換による環境発電(エネルギー・ハーベスティング)システム向けに、業界で最高水準の効率性能を実現した超低消費電力の昇圧レギュレータ「ADP5090」を発表した。

同製品は、クラス最良のサブµWの動作損失で、最小10µWから1mWまでのわずかな環境発電で収集されたエネルギーの効率的なコンバージョンを提供。オープン・サーキット・ボルテージ・センシングとプログラマブル最大出力点トラッキングの採用で、環境発電装置から最大の電力を抽出。これにより、今後の環境発電システムの運用において最大の電力を蓄積でき、環境発電技術の躍進を実現する。

また、250nAの静止電流であるディープ・スリープ・モードの利用で、周辺エネルギーの損失を最小化、対象機器の動作時間を延長、内蔵チャージ・ポンプ回路により、システムノードの電力なしに、380mVの入力電圧でコールド・スタートが可能となる。

アナログ・デバイセズ社は1965年の創業。マサチューセッツ州、ケンブリッジでスタートし、世界でも卓越した半導体メーカーの一つとして発展してきた。特にデータ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6万社を超える顧客に製品を提供。米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開。S&P 500インデックスの一社に挙げられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.