> > シャープ「プラズマクラスター」、PM2.5・排ガス等の除去効果証明

シャープ「プラズマクラスター」、PM2.5・排ガス等の除去効果証明

記事を保存
シャープ「プラズマクラスター」、PM2.5・排ガス等の除去効果証明

シャープは、プラズマクラスター技術が黄砂に付着している細菌・カビの抑制効果及びPM2.5に含まれている有機化学物質の除去効果を有していることを実証した。今回、これらの効果を、実使用に近い「25平方メートル(約6畳)」及び「28.5平方メートル(約7畳)」で確認できたことにより、同技術が環境汚染物質に対して効果を発揮し、健康な空気環境を実現する技術として役立つことが期待される。

具体的には、食環境衛生研究所への委託試験において、プラズマクラスター技術が黄砂に付着している食中毒の原因となる「バチルス・セレウス菌」と、アレルギーを引き起こすといわれているカビの一種である「ビルカンデラ菌」を99%以上抑制することを実証した。これにより食中毒発生の減少と喘息やアレルギー症状などの緩和が期待される。

酸化力の非常に高いOHラジカルが起こす化学反応により、細菌などの表面のたんぱく質を分解する

酸化力の非常に高いOHラジカルが起こす化学反応により、細菌などの表面のたんぱく質を分解する

また、住化分析センターへの委託分析において、プラズマクラスター技術が粒子状物質PM2.5に含まれている酸性雨の原因物質である「芳香族カルボン酸(安息香酸)」を約98%除去、自動車などの排ガスに含まれている物質である「アルカン(ヘキサデカン)」を約99%除去することを実証した。

シャープは、2000年よりプラズマクラスター技術の効果を世界の第三者試験機関と共同で実証する「アカデミックマーケティング」を進めてきた。これまで23の第三者試験機関で、ウイルス・細菌・アレルゲンなどの有害物質の作用抑制や美肌や美髪などにも効果があることを実証するとともに、その安全性を確認している。

なお、「プラズマクラスター技術」は、プラスイオン(H+(H2O)m)とマイナスイオン(O2-(H2O)n)を同時に空中へ放出し、細菌/カビ/ウイルス/アレルゲンなどの表面で瞬間的にプラスとマイナスが結合して酸化力の非常に高いOHラジカルとなり、化学反応により細菌などの表面のたんぱく質を分解して、その働きを抑制するシャープ独自の空気浄化技術。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.