> > 栃木県に1.2GWの高効率ガス火力発電 東京ガスと神戸製鋼が契約締結 

栃木県に1.2GWの高効率ガス火力発電 東京ガスと神戸製鋼が契約締結 

 印刷 記事を保存

東京ガスと神戸製鋼は3月31日、電力の売買契約に関する基本合意をした。両社は、2014年9月までに正式な契約締結をするべく、今後詳細の協議を進めていく。

神戸製鋼は、栃木県真岡市においてガス火力発電所の建設を目指し、2013年3月から環境アセスメントの手続きを開始している。建設予定地は神戸製鋼真岡製造所に隣接する真岡第5工業団地内。60万kW級×2基の合計120万kW級のガスタービン・コンバインドサイクル方式(以下 GTCC)の発電所を建設する計画だ。

今後、環境アセスメントの手続きが終了次第、早ければ2016年半ばには着工し、1号機は2019年後半、2号機は2020年前半の稼動を目指す。

(※全文:863文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.