> > 栃木県に1.2GWの高効率ガス火力発電 東京ガスと神戸製鋼が契約締結 

栃木県に1.2GWの高効率ガス火力発電 東京ガスと神戸製鋼が契約締結 

記事を保存

東京ガスと神戸製鋼は3月31日、電力の売買契約に関する基本合意をした。両社は、2014年9月までに正式な契約締結をするべく、今後詳細の協議を進めていく。

神戸製鋼は、栃木県真岡市においてガス火力発電所の建設を目指し、2013年3月から環境アセスメントの手続きを開始している。建設予定地は神戸製鋼真岡製造所に隣接する真岡第5工業団地内。60万kW級×2基の合計120万kW級のガスタービン・コンバインドサイクル方式(以下 GTCC)の発電所を建設する計画だ。

今後、環境アセスメントの手続きが終了次第、早ければ2016年半ばには着工し、1号機は2019年後半、2号機は2020年前半の稼動を目指す。

新設する発電所へは、東京ガスが2015年度の完成を目指して建設中の「茨城~栃木幹線(茨城県日立市~栃木県真岡市約84km)」を通じて都市ガスを供給、発電した電力の全量(約120万kW)を神戸製鋼から購入する。電力供給期間は稼動開始から15年間を予定している。同発電所は、最新鋭のGTCCによる国内最高レベルの効率で発電を行う。日本初の本格的な内陸型火力発電所として、電源の分散立地によるエネルギーインフラの強靭化や地域経済の発展など社会的要請にも貢献する。

神戸製鋼は、製鉄事業を通じ、半世紀以上に亘り自家発電所運営のノウハウを蓄積してきた。現在、加古川製鉄所(兵庫県加古川市)において、高炉ガスを燃料に用いたGTCCを導入し、エネルギー効率の改善を進めている。また、神戸製鉄所(兵庫県神戸市)では、発電規模140万kWの石炭火力発電所を建設し、2002年から関西電力株式会社向けに電力卸売(IPP)事業を行うなど、神戸市での電力の安定供給にも貢献している。

神戸製鋼は、昨年5月に策定した「2013~2015年度グループ中期経営計画」で「電力供給事業の拡大」による安定収益基盤の確保を掲げている。

一方、東京ガスは、「チャレンジ2020ビジョン」で、天然ガスの普及・拡大とともに、国内発電事業について2020年までに300~500万kW(他社持分含む)に拡大することを掲げている。

両社とも、安定的かつ効率的なエネルギーの供給をめざし、本プロジェクトを推進していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.